Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

会津武家屋敷_2


会津武家屋敷の「家老屋敷」は発見された西郷邸の
屋敷図面を忠実に再現したものです。
昭和五十年4月24日に落成した施設ですが、
当時の建物そのものの様に思え、材料から厳選して
忠実に復元した御苦労がしのばれました。

d0348249_15372727.jpg

西郷家は代々会津藩松平家の
家老を務める家柄でした。

d0348249_15374489.jpg

お殿様がいらっしゃった時にお通しする
「お成りの間」です。

d0348249_1538145.jpg

雪ですがお庭も美しいです016.gif

d0348249_15381755.jpg

各室(三十八部屋!!!)には武具、調度品等を
展示しています。

d0348249_1538374.jpg

「八重の桜」でも最も印象深いのが、
西郷頼母の妻子ら一族21人が
足手まといにならぬように自害する場面です。

d0348249_15385376.jpg

西郷頼母の妻・千重子の辞世の句
「なよ竹の 風にまかする 身ながらも
たわまぬ節の ありとこそきけ」


会津の女性の強さと誇り高さを感じます。

d0348249_15391222.jpg

これは子供部屋です。
床の間がある右側が長男の部屋です。
長男の吉十郎も明治12年に病没してしまいました。
養子の四郎は「姿三四郎」の
モデルとされている人物です。

「会津歴史資料館」ではスタッフの方々に色々お話を
伺いました。

d0348249_15392981.jpg

とても楽しくて閉館時間までいてしまった私達を
雪で迷子になるといけないからとスタッフの方が
出口まで道案内して下さいました。

016.gif会津の方達はとても優しく親切で感激しました016.gif

[PR]
by sho_2015 | 2013-12-29 12:31 | 行ってきました♪ | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015