人気ブログランキング |

Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

松田基コレクションⅨ|夢二名品展・特別展示 夢二と同じ時代を生きた画家

夢二郷土美術館のコレクションは
実業家 松田基(もとい)氏によって蒐集されました。
松田氏は初代夢二郷土美術館館長でもあります。
詳しくは下記の詳細を御覧下さい。

その松田基コレクションの中から
今回は松田氏が特に好んだ作品を含め、
生誕135年を迎えた夢二の多彩な画業を
ご紹介すると同時に、
夢二と同時代に活躍した画家の作品が展示されます。
夢二以外の画家の作品が展示されるのは
たいへん貴重な機会です。

松田基コレクションⅨ|夢二名品展・特別展示 夢二と同じ時代を生きた画家_d0348249_14083881.jpg
画像提供:夢二郷土美術館

松田基コレクションⅨ
夢二名品展
特別展示 夢二と同じ時代を生きた画家


場  所
夢二郷土美術館 本館
〒703-8256 岡山県岡山市中区浜2-1-32

会  期
2019年12月10日(火)~2020年3月8日(日)

開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日
月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
2019年12月28日(土)~2020年1月1日(水)

入館料
大人800円、中高大学生400円、小学生300円

熊谷守一は身のまわりの動植物や風景を
独自の表現で描きました。
後年の作品ははっきりとした輪郭線で縁取られた
簡素な形態と色面を特徴とし、
多くの人々を魅了しつづけています。

藤島武二は明治から昭和前半まで、
日本の洋画壇において長らく
指導的役割を果たしてきた重鎮です。
与謝野晶子『みだれ髪』の表紙装画では流行の
アール・ヌーヴォーを取り入れています。

藤田嗣治はエコール・ド・パリの代表的な画家で
モディリアーニ・コクトー・ピカソと
親交がありました。
パリの寵児と呼ばれ西洋画壇の絶賛を浴びました。

竹久夢二は老若男女を問わず、
圧倒的な人気があったにもかかわらず
「近代日本美術史」にしかるべき位置を
ほとんど与えられていません。
どこの画壇にも属さず、庶民・大衆の中にあった
画家なのです。
そして当時から現代に至るまで竹久夢二程の人気を
保ち続けた画家はいないと思います。

当時はインターネットもありませんので
ヨーロッパの潮流は少し遅れて入ってきます。
また時代の変化も急激で時代背景を知ると
もっと作品を楽しめますよ

夢二郷土美術館様Facebookには
夢二郷土美術館の情報が満載です

本館のお庭も秋色です🍁☺️
芸術の秋満喫されていますか❓本館の現在の企画展は12月8日(日)が最終日です✨ぜひお出かけください。
#生誕135年竹久夢二展 #夢二郷土美術館 #夢二 #竹久夢二 #岡山 #美術館 #アート #大正ロマン #展覧会 #カフェ #artcafe夢二 #岡山カフェ #岡山カフェ巡り #カフェ巡り #museum #okayama #japan #cool #art #yumeji #exhibition #コレクション #アメリカ @ 夢二郷土美術館

2019/11/29_夢二郷土美術館様Facebookより引用

113.png綺麗な紅葉ですね113.png

松田基コレクションⅨは12月10日からですが、
今は「生誕135年竹久夢二展 
幻想の美 秘められた謎
」を
12月8日(日)まで開催しています。

紅葉の夢二郷土美術館を楽しみたい方は
こちらにも是非お出かけ下さい。

同世代の画家を知ることによって
もっと深く夢二の偉大さを感じます162.png


詳細はこちらからどうぞ↓
本館次回企画展 松田基コレクションⅨ|夢二名品展・特別展示 夢二と同じ時代を生きた画家|

松田基コレクションⅨ|夢二名品展・特別展示 夢二と同じ時代を生きた画家



タグ:
by sho_2015 | 2019-11-29 14:44 | Persimmon活用ひろば | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015