人気ブログランキング |

Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

ポンペイ

ポンペイはヴェスヴィオ火山噴火によって
A.D.79年に地中に埋もれ、1748年に発見され
断続的に発掘されました。
ユネスコの世界遺産に登録されています。

ポンペイの時が止まってから2000年後の私達が
この街を訪れ、当時を偲ぶのも
本当に不思議な感じです。

ポンペイ_d0348249_14545054.jpg
城壁

全市民(約2万人)が集うと予想され、混雑を
避けるために町はずれに建てられた円形闘技場。
そこでは猛獣や剣闘士の戦いが
繰り広げられていました。

ポンペイ_d0348249_14551599.jpg
剣闘士の宿舎

剣闘士の宿舎です。
剣闘士はこのひろばで武術の練習をしていました。

また大劇場の舞台の裏手にあるので、
観客は休憩時間にここで談笑したり、
散策を楽しんだと伝えられています。


ポンペイ_d0348249_14553807.jpg
大劇場

紀元前3〜2世紀の物でギリシャ劇場を手本に作られ、
5000人を収容しました。
下の方は貴族や実力者、上の段は庶民の席です。
階段が急勾配で特に降りる時はこわかったです103.png

客席上部からは遺跡を見渡す
美しいパノラマが広ります。

ポンペイ_d0348249_14555614.jpg

修復等が進み、人々の営みがわかるようになる一方
この風景から多くの人の生活が火山噴火によって
奪われたこともわかります。


ポンペイ_d0348249_14561596.jpg
オデオン座

収容人員は1000人ほどですが、屋根が付いていて
音響効果が高かったため、
オデオン(音楽堂)として、
コンサートや詩の朗読が行われていたと
いわれています。


ポンペイ_d0348249_14563953.jpg
アッボンダンツァ通り

2000年前のポンペイのメインストリートで
「アッボンダンツァ通り」です。
活気のある商店街で
カウンターに壺を埋め込んだ居酒屋や
パン屋も並んでいました。
全長は約1㎞、車道と歩道に分かれており、
飛び石の横断歩道もあります。
飛び石になっているのは馬車が通ったからです。
水を流して掃除をしていたそうです。

浴場も複数ありました。
スタビアーネ浴場は紀元前4世紀に建設された
最初の浴場施設です。

ポンペイ_d0348249_14565809.jpg
スタビアーネ浴場

天井の装飾も美しく残っています。

ポンペイ_d0348249_14594006.jpg
スタビアーネ浴場

共同浴場は男女別になっており、中庭右側には
冷浴室・更衣室・温浴室・熱浴室が
設置されていました。
床は二重構造になっていました。

ポンペイ_d0348249_15000024.jpg
スタビアーネ浴場

壁にフレスコ画ものこっています。

ポンペイ_d0348249_15001977.jpg
スタビアーネ浴場

「ポンペイの赤」と呼ばれています。
華やかで美しい装飾に満ちた共同浴場は
ポンペイの繁栄を今に伝えています。


ポンペイ_d0348249_15003739.jpg
フォロ、公共広場

フォロと呼ばれる広場です。
南北に延びた長方形の広場は、紀元前2〜1世紀に
ドーリス式と上方のイオニア式の2層の柱廊で
囲まれています。
町の政治、宗教、経済の中心地だった場所。
神殿のシルエットの先には見えるのは
ヴェスヴィオ山です。
この山が噴火してポンペイは埋もれてしまいました。
天気が悪い時は見られませんので、
ラッキーでした162.png

「ジュピター神殿跡」
ポンペイ最初の守護神はアポロでしたが、
次第にアポロへの信仰心が失われ、
ジュピターが最高の神として
崇められるようになったそうです。
ジュピター神殿の両側には二つの立派な
凱旋門があり、広場全体が回廊で囲まれた、
大きくて荘厳なものだったようです。


ポンペイ_d0348249_15012051.jpg
パン屋さん

パン屋さんです。
今でも使えそうな石窯は2000年前も人々が
今と変わらず食事を楽しんでいたことを
教えてくれます。


ポンペイ_d0348249_15013831.jpg
悲劇詩人の家

帝政期の典型的なこぢんまりした家屋で、
2軒の居酒屋の間に玄関があります。
その床には番犬のモザイクがあり
「猛犬に注意」の文字が書かれています。
現代と同じですね


ポンペイ_d0348249_15015756.jpg
秘儀荘

「ディオニュソスの秘儀」への入信の
様子を描いたフレスコ画。
背景には”ポンペイの赤”が使われ、
壁三面に描かれた連続絵画です。

ポンペイの目玉だったのですが、
本当に凄い迫力でした。

見る前は遺跡群の方が凄いだろうと、
そんなに期待していませんでした。
しかし
人が良いというものは良い!!
難しいことや宗教的な事は分かりませんが、
圧倒的な迫力があります。
これが火山灰に埋もれて保存され、
現代人が見ることが出来る奇跡に感謝です113.png162.png113.png

各地で地震が頻発している今、
ポンペイの悲劇は「他人事」とは思えません。

度々地震があり、でもまさか火山が噴火して
火砕流で埋もれてしまうことになるとは…
と思って亡くなった人々の石膏像はかわいそうで
写真を撮ることはできませんでした。
しかし、現代の技術で亡くなった人の行動や状況が
分かるのだそうです。

何か予兆があったら
迷わず逃げる!!!

事が大切です。

by sho_2015 | 2020-02-02 17:03 | 海外 | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015