人気ブログランキング |

Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

モンレアーレ

中世はまだまだ宗教の影響力が強く、
教皇は世俗の皇帝や王をも
支配下に置こうとしていました。
パレルモには教皇の息のかかった司教がいて、
それを面白く思わないグリエルモ2世は、
当時、王家の狩猟場だったモンレアーレ
カテドラルを建設したのです。
モンレアーレ“Monte reale”は、
“王の山”という意味です。

モンレアーレはパレルモから内陸に約8km
標高310mのカプート山にあります。

モンレアーレ_d0348249_13304889.jpg
コンカ・ドーロ盆地

コンカ・ドーロ盆地です。
この日は少し靄が掛かり、
写真は鮮明に撮れませんでしたが、
素晴らしい絶景でした113.png

モンレアーレ_d0348249_13311152.jpg

紺碧の海とパレルモの町を見下ろす
素晴らしいパノラマが広がっています162.png


モンレアーレ_d0348249_13313208.jpg

駐車場からこのような狭い道を通り
ドゥオーモに向かいます。
歴史を感じる町並みですね169.png


モンレアーレ_d0348249_13315357.jpg

民家が山に張り付くように建っていて
独特の景観です113.png


モンレアーレ_d0348249_13320965.jpg
ドゥオーモ

ドゥオーモです。
建設されたのはシチリア・ノルマン王国3代目の王、
グリエルモ2世の時代です。
正面には堂々とした2つの塔が並び、
ファサードの青銅扉は12世紀の物で
聖書の場面が描かれています。

この時の私はまだこんな山奥のいなかに
それ程凄いものがあるとは思っていませんでした。


モンレアーレ_d0348249_13323434.jpg
金箔のモザイク

113.png162.pngもう衝撃でした162.png113.png

現存する教会の中で、世界一モザイク装飾表面積が
大きく、6000㎡を越えます。
ちなみに2番目はヴェネツィアの
サン・マルコ寺院です。
サン・マルコ寺院も凄かったですが、
知名度と都会指数が全然違います。
どうしてここに?
宝物でも発見した気分になりました113.png


モンレアーレ_d0348249_13325714.jpg

「全能のキリスト」、
その下には「玉座の聖母と諸天使」、
その下に「十二使徒」。

162.png本当に素晴らしいでしょ113.png
177.png目がチカチカします177.png


モンレアーレ_d0348249_13331610.jpg
身廊

身廊には旧約聖書が描かれています。
「アダムとイブ」「カインとアベル」「ノアの方舟」等。
物語性の高いモザイクはイスラム的な装飾と
マッチして決して他では見られない美しさでした162.png

イスラム、ビザンチン、ロマネスクを融合した
ノルマン芸術の至宝として、
2015年ユネスコの世界遺産
登録されたのも納得です!

モンレアーレ_d0348249_13333516.jpg

大きなパイプオルガンがありました。
画像の左下が分かりやすいかな169.png
右にもあるのですが、この画像の方が大きさや
迫力が分かりやすいかと思って…
本当に大きくて、友人はしきりに
ここで演奏を聞きたい!!!
言っていました。

モンレアーレ_d0348249_13335735.jpg
グリエルモ2世と先王の棺

手前のが父グリエルモ1世の棺で
奥のがグリエルモ2世の棺です。


モンレアーレ_d0348249_13341493.jpg
マリア様

113.png本当に豪華絢爛ですね113.png

こんな山奥にここまで豪華絢爛な大聖堂があるとは!
意外性と豪華さに頭がクラクラしました107.png

シチリアまで来て、
見られてよかった〜
103.png

色々素晴らしいところはありましたが、
今回の旅のベスト3の一つです162.png

サボテンも沢山ありました。
サボテンジュースを売っていたのですが、
特産品とは思っていなかったので
飲み損ねてしまいました。
サボテンステーキ等、家庭料理でもよく使う
食材だそうです。
そう聞くと、ジュースを飲んでおけばよかった!
と後悔しきりです145.png

by sho_2015 | 2020-03-24 14:23 | 海外 | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015