Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:行ってきました♪( 44 )


えさし藤原の郷」は岩手県に行ったら
一番観光してみたかった場所です。
しかし鉄道・バス等を利用して[行って、帰る]のには
無理がありました。
「えさし藤原の郷」から江刺バスセンターには
午前に1本、午後に1本の2本のバスしか
運行していないのです。
午後の14:35のバスでは帰りの路線が繋がりません007.gif
どうしても「えさし藤原の郷」に行きたかった私は
「歩けるかも。なんとかなるさ039.gif
と行っちゃったのでした。
(絶対にお薦めしません。自己責任で行動して下さい。)

JRから路線バスを乗り継ぎ、
江刺バスセンターに到着しました。
バスの運転手さんに「えさし藤原の郷行き」の
バスであることを確認し、
道順をしっかり憶えようと目を皿のようにしていました。
しかしバスは町の中をぐるぐる周り
元の場所に戻ってきました。
「???」
「あの藤原の郷は…」
「料金は取りませんから」と運転手さん。

頭の中がグチャグチャになりながら今度こそ
「藤原の郷」に出発しました。
一山越えた所にあるという感じです。
これなら帰りは歩ける!(絶対に真似しないで下さい。)

えさし藤原の郷」は見所満載で一日中でも
いられそうでしたが、
帰りの路線の時間がありますから、
少し余裕を持って下山することにしました。

d0348249_1324140.jpg

園内でスタッフなのか観光客なのか
同じ人に3度遭遇したのですが、その度に
「凄く大きな蛇がでた。」と何度も脅かされたのです。
今年はクマの出没も頻発していますので、山歩きはとても危険です。

d0348249_13244842.jpg

山の中は1本道なのでまっすぐ上って
下りていけばOKでした。
熊や蛇が怖かったので大きな声を出して歩きました。
(人っ子一人いないので恥ずかしくありません。)

d0348249_1325158.jpg

素晴らしい自然を堪能することが出来ました016.gif
これからは紅葉も綺麗でしょうね

d0348249_13261548.jpg

お花が植えてあるのが目印です。
徒歩約30分位で江刺バスセンターに
到着することができました。

d0348249_13264035.jpg

一級河川「ひとかべがわ」では野鳥が
気持ちよさそうに泳いでいました。

d0348249_1327549.jpg

「えさし藤原の郷」だけが目的で来ましたが、
色々な観光名所の看板を見かけました。
特に水沢地区は古くから歴史があり
みちのくの小京都」と
呼ばれる所だったのです。

知らなかった!!!


今度は渋いこちらの名所を周りたい053.gif

何度でも来たいと思わせる岩手県奥州市でした。

日高火防祭(ヒタカヒブセマツリ)
水沢駅の前で開催されます。

d0348249_1327345.jpg

水沢駅で綺麗な和服姿の方達を見かけました016.gif
岩手県はまだ着物文化が残っている
数少ない地域だと感じています。

小さな冒険の旅はとても
エキサイディングでした。



※絶対にお薦めしません。
あくまでも自己責任で行動して下さい。
情報が古いことがあります。事前に確認して下さい。



[PR]
by sho_2015 | 2016-10-10 13:45 | 行ってきました♪ | Comments(0)

歴史公園えさし藤原の郷


歴史公園えさし藤原の郷」は
岩手県奥州市江刺にあります。
奥州藤原氏初代清衡生誕の地であり、
清衡が平泉へ移るまで暮らした場所です。
園内には厳密な時代考証に基づいた120棟余りの
歴史的建造物が再現され、
大河ドラマや映画のロケ地にもなっています。
歴史公園えさし藤原の郷」はNHK大河ドラマ
「炎立つ」のために建てられた
オープンセットでした。

d0348249_1513358.jpg
政庁

南側の政庁です。
北側と南側では時代が違います。
南側は12世紀頃の政庁を再現したものです。
色々なドラマがここで撮影されています。
(いくつ挙げられるかな?)

d0348249_1521163.jpg
経清館(つねきよのやかた)

陸奥国府の官だった藤原経清が江刺に移り住んだ
11世紀半ば頃の地方豪族の一般的な館です。
経清は奥州藤原氏初代清衡のお父さんで、
NHK大河ドラマ「炎立つ」では
渡辺謙さんが演じていました。
豪族・安倍頼時の娘(古手川祐子さん)と結婚し、
清衡が生まれます。
前九年の役で敗れてしまいますが、
人形は戦の前の様子を表現しています。
奥殿と西対の三棟が茅葺き屋根になっているのが
特徴で、寝殿ほか台所・馬舎・宿直などもあり、
寝殿造へ発展していきます。

d0348249_1523114.jpg
馬舎
馬は人形なのですが、ここで本物の馬を展示すれば「チャグチャグ馬コ」の時
貸し出すこともできると思います。
大変なのでダメですかね?

d0348249_153163.jpg
清衡館(きよひらのやかた)

時代は変わり、後三年合戦で焼失した館を
再現したのが清衡館です。
寝殿造初期の様式が取り入れられています。

d0348249_153579.jpg

清衡は、平泉に進出するまで
この館に居住したといわれます。

他にも、「城柵」、「金色堂」と色々見所がありますが、
全部御紹介できなくて残念です007.gif
本物の「金色堂」は平泉にありますが、
平安時代はきっとこんな感じだったんだろうな~
と思いました。

d0348249_1543813.jpg
伽羅御所(きゃらごしょ)

またまた時代はかわり平安末期の建物です。
平泉文化の最盛期を築いた奥州藤原氏三代秀衡の
居館を想定して再現されました。

d0348249_1551695.jpg

平安時代の寝殿造の様式で、主人の住居である寝殿を
中心に東、北、西の対屋が渡殿で結ばれ、
家臣たちのいる侍廊、蔵人所、料理所、玄関に当たる
中門なども廊でつながれています。
寝殿造の様式を再現した
日本で唯一の建造物です。


d0348249_156812.jpg

平安時代のキッチンと食事です。

d0348249_1554965.jpg

美味しそうですね
「歴史公園えさし藤原の郷」ではこの
平安時代の食事を頂くこともできます024.gif

他にも伽羅御所には記念撮影できる
簡単な平安時代の装束が色とりどりに
取り揃えられていました。
もっとちゃんと着てみたい人には
平安旅装「壺装束」体験」もあります

d0348249_1564316.jpg
町並み
平安時代の商店や民家を11棟配置して、
当時の町並みと庶民の暮らしを再現しています。

d0348249_157870.jpg

このエリアには「平安喫茶」があり御土産を購入したり、
おはぎやソフトクリームで休憩できます063.gif

毎週日曜日 午前11時/午後2時には
江刺鹿踊(えさしししおどり)
定期公演が行われます。

一日居ても飽きない程、内容盛りだくさんで
053.gif とっても楽しかったです 016.gif


ず~っと行ってみたかった「歴史公園えさし藤原の郷」に
念願かなって行くことができて、本当に嬉しかったです016.gif

しかしそれは決して列車で個人旅行の人には
お勧めできない危険な旅でもありました。
「えさし藤原の郷_その後」に続く…

詳細はこちらからどうぞ↓
歴史公園えさし藤原の郷
http://www.fujiwaranosato.com/


[PR]
by sho_2015 | 2016-09-27 15:44 | 行ってきました♪ | Comments(0)

盛岡冷麺


よ市」で沢山食べてしまったので、同行者は
「もう夕食はいらないわ」と言っていました。

盛岡には美味しいものが沢山あります!

これで帰るわけにはいかない!!!!
と同行者に提案したのが「盛岡冷麺」でした。

d0348249_9285810.jpg
画像提供:岩手県観光ポータルサイトいわての旅
(イメージ画像です。実際の商品ではありません。)

焼肉・冷麺三千里大通店」は岩手県盛岡市のJR盛岡駅から徒歩7分で
観光客でも行きやすいお店です。
丁寧にダシをとったスープはまろやかな醤油味。
麺は手練りの中太で、もっちりとした食感を楽しめます。
キムチは別皿で出されるので、好みの辛さに調節できるのもうれしいです。
すべてに手作りを心掛けているというお店です。


お店の名前が何だか目にしたことがあるような…という感じで
同行者とチェーン店かしらね?と話していたのですが、
れっきとした岩手県内に2店舗のオリジナル店でした。

お腹いっぱいでも、疲れていても「盛岡冷麺」するっと美味しく頂きました016.gif
同行者も「美味しかった〜♪ 来て良かった〜♪」
大変喜んでいました024.gif

d0348249_9294130.jpg

メニューの写真は撮ったのですが、食べるのに夢中になってしまい
盛岡冷麺の写真を撮っていないのに気がついたのは食べ終わってからでした007.gif

053.gif053.gif 盛岡冷麺、とっても美味しかったです 053.gif053.gif
ごちそうさまでした。

詳細はこちらからどうぞ↓
焼肉・冷麺三千里大通店
http://www.sanzenri.net/odori.html

盛岡市大通3-7-5
JR盛岡駅から徒歩7分
17時〜23時30分LO
日曜、祝日は12時〜22時30分
無休 P4台

[PR]
by sho_2015 | 2016-09-14 09:51 | 行ってきました♪ | Comments(0)

よ市」は毎週土曜日の夕方から岩手県盛岡市の
材木町で開催される市です。
まったく何の予備知識も無しに行ったので
よ市」の賑に大変驚きました005.gif

d0348249_9461962.jpg

全長430メートルの通りが歩行者天国になり、
通りの両側に所狭しとお店がならびます。

d0348249_947209.jpg

美味しそうだったので早速、
お団子を買って食べちゃいましたよ
他にも新鮮な野菜や果物、漬物などが
格安の値段で売られていました016.gif

d0348249_9475039.jpg

いーはとーぶアベニューは、材木町のメインストリート
材木町通りのことで宮沢賢治ゆかりの光原社や、
光や音楽をモチーフにした6つのモニュメントがあります。

d0348249_9481839.jpg

宮沢賢治が生前に刊行した童話集「注文の多い料理店」を出版したのが光原社です。
現在は自社の工房で製造する漆器や全国の焼物等
素敵な民芸品を販売しています。

d0348249_9484895.jpg

中庭には出版の地の碑と、童話「烏の北斗七星」の
一部を刻んだ石柱が建っています。
北上川に面した雰囲気のよい喫茶室063.gif可否館」も
敷地内にあります。
「マヂエル館」には宮沢賢治に関する資料等が
展示されていました。

d0348249_9491362.jpg

光原社は複数の建物が連なる複合施設となっています。
趣がありますね♪

他にもいーはとーぶアベニューには陶器、木綿、漆器、木工家具など
岩手の手仕事の店が軒を並べ、
骨董店やミニギャラリーも宮沢賢治ワールド
より引き立てていました053.gif

よ市」はこのいーはとーぶアベニュー
開催されるので他の市とは全く違う
昭和レトロな独特の雰囲気があります。

d0348249_9493737.jpg

見て下さい、お惣菜の美味しそうなこと♪


そして安い!!!

盛岡での夕食を楽しみにしていたのですが、
誘惑に負けてお団子やら、おからのカレーパンと
色々食べてしまいました008.gif
ベンチもあったのですが、大抵の人は
地べたに座って食べていました。
私達もそれに習って、購入したお惣菜を
美味しく頂きました♪
(地べたに座っている方が若者っぽい感じがしました)

d0348249_950093.jpg

『ビアパブ ベアレン』は、
世界に伝えたい日本のクラフトビールグランプリ
となったベアレン醸造所直営店。
御覧のように長蛇の列が出来ていました。

053.gif すっごく楽しかった 053.gif

「よ市」はここでしか味わえない
宮沢賢治ワールド全開の市でした




[PR]
by sho_2015 | 2016-09-01 10:36 | 行ってきました♪ | Comments(0)

川徳デパートは岩手県盛岡市にあり、
創業140年を誇る老舗百貨店です。
盛岡セレブの御用達店で、上品そうな方達が
お買い物を楽しんでいました。

川徳デパートの2Fに
「Cafe comme ca(カフェ・コムサ)」
はあります。
同行者がお友達に素敵なカフェを
教えてもらっていたのです


これ!!これ!!!
知りたかったのは!!!!!


いなかにずっと住んでいると、地産地消の
美味しいものは頂く機会が多いので
たまに無性に都会で食べていた
「普通の美味しいもの」が食べたくなります。

Cafe comme ca(カフェ・コムサ)は休日に友人と
お茶して、たわいもない話で盛り上げっていた頃の
感覚が蘇ってくるとてもリラックスできる場所でした


お洒落で、外の緑も爽やか♪
自由が丘や青山に居る気分でした。

d0348249_1194012.jpg

頂いたのは店内限定の「プラ ド フリュイ」¥830(税込)
彩り豊かなフルーツを、コクのあるマスカルポーネチーズとあえてありました。
フルーツとクリームのコンビネーションが最高060.gif

d0348249_11101849.jpg

053.gif 幸せ〜 053.gif

053.gif053.gifもう、ただただ美味しかった〜053.gif053.gif

あまりに美味しくてアップ写真や店内写真を撮るのを
忘れてしまった007.gif

そして友人との久しぶりのお茶が、
ただただ楽しかった〜♪


帰る時に、お店の人が
「来月は○○産の最高級○○を使った○○を
用意しておりますので、また御来店下さい。」
と丁寧な接客をして下さいました。
(○○を忘れてしまってごめんなさい。)

普通にとっても美味しくて、雰囲気がよくて、
リラックスできて接客が良いお店って
いなか度が高くなる程、なかなかないのです。

Cafe comme ca(カフェ・コムサ)
盛岡川徳店に連れてきてくれた友人に
016.gif感謝016.gif感謝016.gifです♪


[PR]
by sho_2015 | 2016-08-20 11:31 | 行ってきました♪ | Comments(0)

らら・いわて


盛岡城跡公園のすぐ近く、盛岡市の中心地にある
らら・いわて盛岡店」は
岩手県の特産品を販売するお店です。

d0348249_11215475.jpg

店内には、岩手県の地酒ワインジュース
沢山並んでいます。

d0348249_11222061.jpg

こけしや南部鉄器、染め物等岩手の工芸品もあります。

d0348249_11224359.jpg

岩手県の人はとても手先が器用なのか、
素敵な手仕事の品が多いですよね
本場で自分の好みにあった品を
じっくり選ぶのも楽しいです053.gif

岩手のお漬物!

d0348249_1123584.jpg

053.gif 故郷の味ですね 053.gif

花巻の名産品「金婚漬」等、岩手県の名産品が
色々取り揃えてありました。


「Ça va(サヴァ)?」は岩手県の新しい特産品、
サバ缶です。

d0348249_112325100.jpg

国産サバのレモン・バジル味で
オリーブオイル漬けされた
洋風なお料理に合う缶詰です。
「Ça va(サヴァ)?」(=元気?)というネーミングも
洒落ていますし、
パッケージもとてもお洒落ですよね♪

016.gif 色々ありますので、岩手の
お土産を選ぶのに良いですね 016.gif
下記HPからネットショップで購入することも可能です

詳細はこちらからどうぞ↓
らら・いわて盛岡店
https://www.iwatekensan.co.jp/shop/lala/


[PR]
by sho_2015 | 2016-08-07 11:40 | 行ってきました♪ | Comments(0)

盛岡城跡公園


岩手県盛岡市にある「盛岡城跡公園」は江戸時代まで
南部(盛岡)藩南部氏の居城、盛岡城でした。
明治の廃藩置県後に建造物は解体・移築されました。
現在の盛岡城址は、近代公園の先駆者である長岡安平の設計により、
1906年に『岩手公園』として整備されたものです。
開園100周年を記念し「盛岡城跡公園」と愛称が付けられました。

d0348249_925076.jpg

立派な石垣ですね
石垣は全て城内とその周辺で産出した花崗岩によって築かれています。

d0348249_9254613.jpg

南部利祥 銅像台座
日露戦争で戦死した南部家第42代当主、南部利祥を表彰した騎馬像「南部中尉銅像」が
1908年に建立されましたが、太平洋戦争中の1944年に金属供出で持ち去られ、
現在に至るまで台座しか残されていません。
登る途中で蛇に遭遇しました005.gif
緑が豊かで、自然がいっぱい!!

d0348249_926938.jpg

銅像台座のある多分本丸跡地は高台になっていて、そこからの風景です。
方向音痴なので盛岡市のどっち側とかは分かりませんが、
016.gif great view を楽しむことができます 016.gif

d0348249_9263169.jpg

鶴ケ池・亀ケ池
盛岡城の内堀跡で中津川から水を引いています。
桜山の鳥居を挟んで、西が「亀ケ池」、東が「鶴ケ池」と名付けられています。
5月には鶴ケ池の藤棚、7月になると池を取り囲むアジサイが満開になります。
この池が鶴ケ池か亀ケ池かは分かりませんが、本丸跡地とグラウンドの
間の道を中津川の方向に進んだ所で撮りました。

d0348249_92709.jpg

バラ園
西洋庭園風に整備されたバラ園には数十種のバラが植栽されています。
6月中旬頃から8月頃が見頃です。
とっても綺麗でしたよ〜♪
いい匂いが辺りに漂って、幸せな気分になりました053.gif

d0348249_927211.jpg

本丸と二の丸の間は空堀で仕切られ現在は朱塗りの橋が架かっているが、
存城当時は廊下橋(屋根付橋の一種)が架けられていました。

とてもキレイに整備されていて気持ちの良い公園でした
暑い夏には涼みに行くのに最適な場所だと思います056.gif


[PR]
by sho_2015 | 2016-07-28 10:15 | 行ってきました♪ | Comments(0)
岩手県奥州市の歴史公園えさし 藤原の郷で
金津流 野手崎獅子躍の方達の
江刺鹿踊(えさしししおどり)」を見てきました
江刺鹿踊(えさしししおどり)は奥州市指定無形民俗文化財に指定されています。

d0348249_13512965.jpg

鹿踊(ししおどり)は、シカの動きを表現した踊りで、
シカの頭を模した鹿頭と
それより垂らした布により上半身を隠し、
ささらを背負った出立ちで激しく飛び跳ねて踊ります。

d0348249_13515195.jpg

後ろ姿です。
ゴザに綺麗な布を縫い付けてあります。

鹿踊は江戸時代の南部氏領、伊達氏領、
現在の岩手県、宮城県、そして愛媛県
宇和島市周辺で受け継がれている伝統舞踊です。

d0348249_13521086.jpg

前です。
太鼓だけで2kg、総重量は15kgにもなるそうです005.gif
この日は、058.gif暑かったのでこの衣装だけでも
相当大変だったと思います。

d0348249_13523270.jpg

踊り手が演奏を行わない「幕踊系」と
演奏を行う「太鼓踊系」と
大きく2つの系統に別れます。
「江刺鹿踊」は踊り手が演奏を行うので
「太鼓踊系」です。

d0348249_13525626.jpg

跳躍力が凄かったです。
暑さに加え総重量15kg以上の衣装で
激しく動きまわり、飛び跳ねるのです。
中の人は見えませんでしたが、
若くないと無理ですね!!!

d0348249_13531561.jpg

たぶんこの白いのがささらだと思います。
激しい動きだけでなく、整然と統一されている
ポジションも見所だと思います。

d0348249_13533744.jpg

頭を左右に激しく振り、髪を振り乱します。
016.gif ダイナミック 016.gif

「歴史公園えさし 藤原の郷」では毎週日曜日
午前11時/午後2時
定期公演が行われます。
こういった試みは大変素晴らしい事だと思います。
観光客にもとっても嬉しいし、各鹿踊の会の方達の
さらなる芸の向上につながるでしょう。

d0348249_13535712.jpg

伝統的な踊りは神社での神事や
お盆に際して行われます。
鹿踊は多くの流派があり、
各伝承地で開催されますが、
廃絶してしまった地区も多くあります007.gif

もうすぐお盆です024.gif

久しぶりに故郷に帰って、ふるさとの良さを再確認してみませんか?

[PR]
by sho_2015 | 2016-07-19 14:11 | 行ってきました♪ | Comments(0)

チャグチャグ馬コ」が開催された6月11日に盛岡市の大通りでは
チャグチャグ馬コ手踊りや盛岡さんさ踊り」のパレードが開催されていました024.gif
東北六魂祭」でさんさ踊りを知り、大ファンになった私は
このパレードも見逃せませんでした006.gif

午前中の「チャグチャグ馬コ」で相当歩き疲れていた私達は
ホテルで少し休憩を取り、大通りへ。
パレードは11:46〜12:45の予定でした。

交差点でこの一団に遭遇!!!

d0348249_1042366.jpg

ものすごいインパクトがありますよね
「これから何が始まるんだろう005.gif」と期待も高まります。

d0348249_10431281.jpg

パレードは盛岡さんさ踊りからスタート!
軽快なリズムと華やかな踊りでウキウキしてきます016.gif
衣装も綺麗ですね

d0348249_10433279.jpg

実は同行者は、あまりの疲労でパレードを見に行くのに
そんなに乗り気ではありませんでした。
しかし、さんさ踊りが始まると「もっと見たい!」と
私よりも積極的に動きまわりました。

d0348249_10435623.jpg

やっぱりイイですさんさ踊り!
この日は「チャグチャグ馬コ」がメインだったので
物足りないくらいノリノリになりまた。

さんさ踊り中毒になっている皆様、
もうすぐ夏まつり「盛岡さんさ踊り」が開催されますよ
053.gif 待ちきれませんね 053.gif

d0348249_10441915.jpg

岩手県のゆるキャラ「わんこきょうだい」もパレードに参加。
実は、時々見るので岩手県のゆるキャラだろうなとは思っていたのですが
ブログを書くにあたり初めて名前を知りました。
「きょうだい?」一人しかいなかったけど…
さらに調べると「わんこきょうだい」は岩手県の「わんこそば」と「漆器」を
かけあわせた「そばっち」がメインキャラクターと判明。
そばっちのほかに、穀物の「こくっち」、豆腐の「とふっち」、ずんだもちの「おもっち」、
うにの「うにっち」のあわせて5人兄弟ということがわかりました。
この子はとふっち

d0348249_10444276.jpg

そしてこれが、チャグチャグ馬コ手踊りです。
赤と白のストライプの手ぬぐいを使った素朴な踊りでした。
「チャグチャグ馬コ手踊り」のことを調べてもあまり出てきませんでしたが、
民謡「チャグチャグ馬コ」は比較的新しいもののようです。
同行者が口ずさむくらい、耳に残るフレーズでした060.gif

d0348249_1045395.jpg

おお〜!!!
あの交差点にいた人達は「チャグチャグ馬コ手踊り」の方達だったのですね。
同じ踊りでも衣装が違うと受ける印象も違ってきて面白いですよね。

さんさ踊りに興味を持って下さった方、さんさ踊りの大好きな方、
「盛岡さんさ踊り」でもっとディープなさんさ踊りを体験して下さい。

盛岡さんさ踊り
実施期日:2016年 8月1日(月)・2日(火)・3日(水)・4日(木)

4日間、思いっきり楽しんで下さい♪

[PR]
by sho_2015 | 2016-07-10 11:34 | 行ってきました♪ | Comments(0)

つなぎ温泉_観光


つなぎ温泉は、岩手県盛岡市にあり「盛岡の奥座敷」と呼ばれています。
名前の由来は、平安時代後期に源義家が石に
愛馬を繋いで入浴したことからきています。

d0348249_115443.jpg

まず、御所湖の大きさに圧倒されました。
こんなに大きな湖ならもっと有名でもいいのに
まったく聞いたことがありませんでした。
実は、ここは1981年に完成したダムだったのです。

4時過ぎにつなぎ温泉に到着した私達は、
御所湖周辺の観光に出かけることにしました。
盛岡市つなぎ温泉観光協会のPDFには
「手づくり村」まで徒歩60分とあったので、
私は徒歩希望だったのですが、熊の出没が
全国的に話題になっていたので同行者が
「絶対バス!!!」で、バスで行くことになりました。

つなぎ温泉手作り村」は各工房の作業風景を
見学できる他、手づくり体験を楽しむことができる
観光総合施設です。

d0348249_118986.jpg

施設内には曲り屋ゾーンがあり
約200年前に建てられた「南部曲り屋」も
移築されています。
風情がありますね♪

そして建物に入った途端、蛍の光が流れ始めました060.gif
(利用時間は8:40〜17:00です)
「まだ何も見てないのに〜007.gif
同行者の意見を聞いていなければ、
きっと中にも入れなかったでしょう。
053.gif感謝!!053.gif感謝!!053.gif

d0348249_1110581.jpg

手づくり村産直です
大きな鉄瓶の存在感が凄いです。
岩手県の美味しいもの、工芸品等沢山あって
もっとじっくり見たかったです。

d0348249_11105223.jpg

こちらは竹細工の工房です。
素敵な作品ばかりですね
他にも、南部鉄器の工房、藍染の工房、駄菓子屋さん等沢山ありました。

d0348249_11114257.jpg

岩手といえば、南部鉄器!!
南部鉄器の風鈴です
澄んだ音だけでなく、とってもオシャレです 016.gif

他にもオシャレなカフェや
美味しそうなものもたくさんありました。

帰りは歩いて帰ることになりました。
自然豊かな御所湖の周辺は春は桜、
秋は紅葉が美しいそうです。

d0348249_11124927.jpg

これは御所湖の水没地内にあった「南部曲り屋」を
移築したものです。
曲り家とは母屋と厩(馬屋)がL字形に一体化している
ことから、「曲り家」と呼ばれる統的家屋(民家)の
建築様式のひとつですが、最も広く知られているのが
南部曲り家」です。
岩手県は全国有数の馬の産地でした。
岩手の人達が、いかに馬を大切にして、
家族として一緒に生活していたかがわかりますね。

盛岡の花かきつばたの群生地、尾入野湿性植物園
行きたかったのですが、
夕方で熊が心配だったので断念しました。

072.gifキラキラ072.gif御所湖の上を橋で渡って、
とっても気持ちが良かったです016.gif

[PR]
by sho_2015 | 2016-07-03 11:35 | 行ってきました♪ | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015