Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

宮城県石巻市の海

今回石巻を訪れて初めて分かったことがあります。

それは、石巻の海や川の美しさです。

石巻市を訪れた日は晴天で海もとても静かでした。

私達の乗ったマイクロバスは被害の大きかった海側を通って帰りました。

瓦礫の山や何もなくなった住宅地、胸を締め付けられる光景が続きますが
日和大橋から見える石巻の雄大な海絶景
手が届きそうなくらい近かったのです。

海も川もとても近く生活の一部という感じで、
被災者の方が海の近くで暮らしたい、
元の生活に戻りたいという気持ちが良く解かりました。

その近さが津波の被害を大きくしたとも言えますが、
震災前はどんなに素敵な所だったかと
容易に想像できました。

バスから降りてじっくりあの素晴らしい景観を楽しみたい、
散策して写真を撮りたいという衝動に駆られたくらいです。
ずっと住みつきたいと思うくらい良い所でした。

私もよく使うフレーズですが
「新しい東北、以前よりも良い東北」
しかし、コンクリートやガラス、高い堤防で囲まれた海や川が
今よりも美しくなるだろうか?
疑問に思いました。

石巻がどのような復興を遂げるのかわかりませんが、
あの素晴らしい海や川の風景は忘れたくない
と思いました。

053.gif 051.gif 053.gif 051.gif 053.gif 051.gif 053.gif

全国の皆様、石巻の復興のために石巻の名産品を買って下さい。

下記は石巻の名産品「笹かまぼこ」のお店です。

石巻白謙かまぼこ店ネットショッピングhttp://www.shiraken.co.jp/shop/
石巻の「笹かまぼこ」は仙台のとはまた違って同じ笹かまぼこ
という名前でも別物だそうです。

他にも美味しい「笹かまぼこ」の名店があるそうですが、
名前を忘れてしまいました(ごめんなさい)。

皆様もお気に入りの「笹かまぼこ」を見つけてみませんか?

[PR]
by sho_2015 | 2012-05-23 12:23 | 行ってきました♪ | Comments(0)

石巻 カルメン復興計画

2012年5月20日の宮城県石巻市湊地区の様子です。
d0348249_13143423.jpg
d0348249_13145293.jpg

d0348249_13151367.jpg
d0348249_13152657.jpg

d0348249_13154857.jpg
d0348249_13160858.jpg

まだまだ全国の皆様の支援が必要だと感じました。

突飛な夢物語かもしれませんが、石巻をフラメンコの「カルメン」で
盛り上げるというのはどうでしょうか?

福島にはフラガールがいて福島の復興のために頑張っています。

宮城県は伊達政宗の命で支倉常長(はせくらつねなが)が
慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパに渡航し
スペインとは深い繋がりがありました。

石巻はサン・フアン・バウティスタ号を建造した場所です。

スペインは今、経済があまり良くないのでフラメンコのダンサーの方も
もしかしたら来日してくれるかもしれません。

フラメンコのショーで全国から観光客に来てもらい、お金を落としてもらう。

そして、B級グルメには「石巻パエリア」で打って出る056.gif

安直すぎますかね…

色々な復興案を沢山出しあって新しい東北を創っていければよいかな
と思いちょっと考えてみました。

069.gif069.gif069.gif 頑張ろう石巻 069.gif069.gif069.gif

[PR]
by sho_2015 | 2012-05-22 12:12 | 行ってきました♪ | Comments(0)
昨日、宮城県石巻市湊地区の総合福祉会館「みなと荘」復活祭
開催され、私はボランティアとして参加してきました。

d0348249_12522418.jpg

初めて訪れた石巻市は山形県方面から入ったばかりの
浸水が無かった地区は大きな地方都市という感じでしたが、
海に近づくにつれ津波の爪痕がはっきりと確認できました。

旧北上川を渡ると景色は一変します。
テレビでよく見るあの風景になります。

d0348249_12525558.jpg

みなと荘」は今は使われていない湊小学校の道路を隔てた前にあり
1Fまで浸水したそうです。

d0348249_12532628.jpg
湊(みなと)小学校

みなと荘の外周の様子です。
d0348249_12542882.jpg
d0348249_12544858.jpg

d0348249_12551590.jpg
d0348249_12553034.jpg

まだまだ全国の皆様の支援が必要だと感じました。

館長さんは、
今一番必要なのは被災者の心のケアをすること
だと仰っていました。

今回鶴岡のボランティアセンターでは
ミニコンサート(エレクトーンも寄贈)等で
被災者の方を励ます活動を行いました。

私は被災者の生きる気力を呼び覚まし、自立に向けた支援としては
逆のパターンもありかなと思いました。

元気な被災者の方に歌や踊りを披露して頂き、
全国からそれを見に行くというボランティアです。
歌や踊りは健康のために良いですし、コミュニケーションも増え、
団結力も強まると思います。
石巻の特産品や、被災者の方の手作り品を同時に販売すれば一石二鳥だと思います。

この案はだめでしょうかね?

みなと荘」で楽しい時間を過ごして被災者の方が少しでも元気になることを願います。

[PR]
by sho_2015 | 2012-05-21 12:49 | 行ってきました♪ | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015