Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ビリニュス歴史地区


ビリニュスはリトアニア共和国の首都で、ビリニュス歴史地区
世界遺産にも登録されています。

17世紀後半、バツァス大公が建立した聖ペテロ&パウロ教会です

d0348249_1011532.jpg

ビリニュスを代表するバロック建築でリトアニアバロックの真珠とも言われ、
最も傑出した建築様式の教会です。
教会内部の漆喰彫刻群は息を呑むほど素晴らしいものでした
しかし写真撮影禁止だったので申し訳ございませんが、
他で御覧になって下さい。
(素晴らしかったでしょ?)

リトアニアのバスです。

d0348249_10121657.jpg

リトアニアのバスも大きいです。
国によってバスも色々ですね

大聖堂広場です。
正面のギリシャ風の建物が大聖堂で右の建物が53mある鐘楼です。

d0348249_1012361.jpg

そしてここは「人間の鎖」の起点でもあります。

d0348249_10125313.jpg

1989年、旧ソ連の支配下にあったバルト3国の有志200万余人が独立を求め
手と手を握り、ビリニュス、リガ、タリンを結ぶ「人間の鎖」を作ったのです。
人々が連携して世界に訴え、歴史を変えた記念すべき場所なのです。

そしてここからゲディミナス塔が見えます。

d0348249_10132037.jpg

ゲディミナス塔は凄く楽しみにしていたので
「え~?これだけ~?」という感じでがっかりしました。
他にも大聖堂広場の近くにはゲディミナス大公の像や王宮があります。

レンタル自転車です

d0348249_10134247.jpg

日本にもレンタル自転車はありますが、こっちの方がお洒落だと思います。

016.gif 名所だけでなく、歴史地区なので街並みもステキです 016.gif

d0348249_1014131.jpg

地理的な要衝にあったこの都市は近隣の強国の侵攻や支配をうけ、
さまざまな文化や宗教が流入しました。
建築年代の流行によって様式が違う建築が並び、カトリックやロシア正教の聖堂が
混在する街並みは、一種独特な雰囲気を醸し出しています。

聖アンナ教会です

d0348249_10142042.jpg

聖アンナ教会は16世紀の後半に建立され、火炎をかたどった
フランボワイヤン(ゴシック後期)様式の教会です。
正面には33種類の異なる形の赤レンガが使われ、尖塔の十字架が美しいです。
ロシアに攻め上るフランスのナポレオンがヴィリニュスに入城した際に、
「我が手に収めてフランスに持ち帰りたい」と語ったそうです。

d0348249_10143743.jpg

聖アンナ教会前の公園の木はニットを着ていました。
北国なので木も寒いだろうと住民が着せてあげたのだと思います。
リトアニアの人達はユーモアと優しさに溢れています。

[PR]
by sho_2015 | 2014-12-28 12:14 | 海外 | Comments(0)

ヴィグリ国立公園最大の湖に行くまでに散々道に迷ったので、
Le Meridien(ル メリディアン) ホテルに到着したのは夜の9時を過ぎていました。
今夜のdinner はここLe Meridien(ル メリディアン) ホテルのレストランで頂きます016.gif
メニューは「牛シチュー&野イチゴのケーキ」のはずでしたが…

時間が遅かったので私達が最後のグループという感じで、
レストランの中は満席でした。

d0348249_9534743.jpg
写真は皆さんが退席した後のレストランです。

超高級ホテルなので夕食を頂いている、お客様は日本人ばかりでした。

前菜です

d0348249_9541825.jpg

見た目が超高級ホテルって感じですよね
016.gif 久々に高価な食事を頂いているって感じでした 016.gif

メインの牛シチューです。

d0348249_9544191.jpg

いわゆる日本のシチューをイメージしていたので
最初は驚きましたが、なかなか美味しかったです。
緑のソースは日本のずんだのようなお豆をペーストしたもので
お肉ととても合っていて大変美味しかったです053.gif
トマトの器に盛り付けられていた副菜も高級店のお味でした。

そしてデザートの「野イチゴのケーキ」です?

d0348249_955476.jpg

私達は遅くなったので「野イチゴのケーキ」は既に無くなっていたようです007.gif
このケーキの中には何やら入っていてこれは何だろうと
(ゴマ、ケシ、イチジクの乾燥させて細かくしたもの等色々意見が出ました)
テーブルで話題になりました。
甘さ控えめで美味しく、初めて食べる味に皆興味津々でした。
ウエイトレスさんに材料を聞いても分からないと答えるだけでした。

リトアニアに来るとこんな高級ホテルなのに英語はあまり通じません。
デザートを頂くフォークが無かったので「Fork Please.」と言うと
スプーンが出てきました。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

Le Meridien(ル メリディアン) の朝食です
ワルシャワのホテルRadisson Blu Sobieski Hotelも凄かったですが、
Le Meridien(ル メリディアン)も凄いです

d0348249_9553322.jpg

ハムやバターも色々な種類があり、
全部試してみた~い
です。

d0348249_9555651.jpg

料理の種類はワルシャワの方が多かったですが、
さすが高級ホテル016.gif 盛り付けが綺麗で高級感が溢れていますよね

d0348249_9561592.jpg

他にも、見たことのない料理が沢山並んでいて
「どうやって食べるんだろう」「何に付けて食べるんだろう」
という感じでリトアニア料理に興味津々でした。

d0348249_9563623.jpg

私のchoiceです
(もちろんもう一皿とサラダデザートも頂いています。)
一番上の料理はお餅みたいな食感でマヨネーズ系のソースで頂きました。
(現地語のおはよう「Labas rytas(ラーバス リータス)」と挨拶したら
ウエイトレスさんがこれが美味しいと教えてくれた…多分)
食べたことの無い料理の事を色々教えて欲しいと思いました。
しかし、言葉が…

[PR]
by sho_2015 | 2014-12-21 12:06 | 海外 | Comments(0)

リトアニアでの宿泊はLe Meridien(ル メリディアン)でした
Le Meridien(ル メリディアン)は世界高級ホテルランキングにも掲載される
超高級5つ星ホテルです。

d0348249_1016332.jpg

ヴィリニュスの中心部から車でわずか20分程の広大な敷地を有する
まだ新しいホテルです。

d0348249_10165125.jpg

スパ、ゴルフコース、屋内プールもあります。

016.gif モダンで高級感溢れるロビーです 016.gif

d0348249_101792.jpg

夜遅く到着して、朝早い出発だったので薄暗い写真しかありませんが
実際には白を基調にした明るく清潔感溢れるホテルでした。

d0348249_10172881.jpg

フロントもステキ~

食堂に続く通路には世界各国の要人がこのホテルを訪れた写真が飾ってあり、
改めてこのホテルが超高級5つ星ホテルであることを実感します。

d0348249_1017489.jpg

客室はオリエンタルな雰囲気です。

d0348249_10183011.jpg

こっちは私達が泊まった客室です。
夜遅かったので暗くてよく分かりませんが、
オリエンタルの中に高級感が溢れる内装でした。

d0348249_10184938.jpg

お部屋です
白を基調にした清潔感溢れるお部屋でした。
016.gif 気分はお姫様 016.gif

d0348249_1019619.jpg

053.gif 幸せ~ 053.gif
もっと滞在時間が長ければ、ホテルの隅々、敷地内全てを探検したかったです。

[PR]
by sho_2015 | 2014-12-14 12:35 | 海外 | Comments(0)

カウナス_杉原記念館


皆様は杉原千畝(すぎはらちうね)をご存知ですか?
何年か前にテレビ等で取り上げられ(私もそれで知りました)
あまり知られてはいませんが、世界に誇れる素晴らしい日本人だと思います。

第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原千畝は
ナチス・ドイツの迫害から逃れてきたユダヤ人たちに大量のビザ(通過査証)を発給し、
およそ6,000人にのぼる避難民の命を救ったのです。

これが、杉原記念館(かつての日本領事館)です。

d0348249_10162097.jpg

本当に普通の住宅街の中にありました。

d0348249_10164185.jpg

杉原記念館を裏側から撮った写真です。
こっちの方がなんとなくそれっぽいですよね。

d0348249_10165945.jpg

執務室の杉原千畝のデスクです。
ここで、一人でも多くのユダヤ人の命を救う為「命のビザ」と後に呼ばれる通過査証
を書き続けたのだと思うと感慨深いかったです。

d0348249_1020912.jpg

当時リトアニアでは各国の在外公館が相次いで閉鎖されていきました。
日本領事館もまた閉鎖することを求められ杉原千畝はカウナスを離れる
列車がホームを出る最後の最後までビザを書き続けました。

d0348249_10202865.jpg

杉原千畝は日本ではあまり知られていませんが、海外での評価は高いです。
人間として「正しい事をする」というのは、難しいことなのかも知れません。

[PR]
by sho_2015 | 2014-12-07 12:00 | 海外 | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015