Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タリン歴史地区_2


ラエコヤ広場(旧市庁舎広場)です

d0348249_1130135.jpg

ラエコヤ広場はタリンの旧市庁舎前の広場で、ラエコヤとは市庁舎を意味しています。
この広場はタリン旧市街の中心です。

タリン旧市庁舎です

d0348249_11303545.jpg

タリンの旧市庁舎は、北欧に現存する最古のゴシック建築と言われています。
この建物は1402~1404年にかけて造られたもので600年を超える歴史があり、
塔の高さは64mあります。

d0348249_13272868.jpg

ドラゴンの装飾がチャーミングですね
これは雨どいのようです。

この観光バスで旧市街を回ることもできます

d0348249_13271174.jpg

エストニアの人達は遊び心満載ですね。
このバスが通るととても楽しい気持ちになりました016.gif

民族衣装を着た女の子

d0348249_13275439.jpg

お菓子を試食させて頂きました
日本のかりんとうのようなお菓子で甘くてとても美味しかったです。
他にも民族衣装を着た人が数人いて中世の雰囲気を盛上げていました。

街並みです

d0348249_1328111.jpg

ラエコヤ広場の周辺は、このように素晴らしい街並みが続き
散策がとても楽しかったです

聖カタリーナの小径

d0348249_13282672.jpg

かつてあった聖カタリナ教会の裏手にある小径です。
ここには工芸品の作業場が集まり、アーティスト達が伝統的な手法でガラス器や帽子、
キルト、宝石類などを作成・販売しています。
大昔からの街並みが残り、それを今も活用している事が素晴らしいですね016.gif

ヴィル門です。

d0348249_13284257.jpg

ヴィル通りの端に建つ、2つの小さな円柱の塔から形成された門です。
現在残っているツルで覆われたこの2つの塔は、タリンのシンボルとなっています。

私の住む山形もとても寒いので、タリンで沢山お土産を買いました。
ニットやコートが暖かくて可愛いものが沢山あり
これ!!これ!!欲しかったのは!!!
という感じでした。
日本ではお洒落なファッションは東京発なので
普通に販売されている冬物は山形では秋に着用。
冬本番に着る防寒ビシバシの可愛い衣類が無い!!!
と常々思っておりました。
デザイナーの方、地方の気候に合ったお洒落なファッションを作って下さい。
お願いします040.gif

[PR]
by sho_2015 | 2015-03-29 12:21 | 海外 | Comments(0)

タリン歴史地区_1


タリン歴史地区はエストニアの首都タリンに残る旧市街地で
ユネスコの世界遺産にも登録されています。

トームペア城です
ピンクで可愛らしいです。

d0348249_14412843.jpg

13世紀前半ドイツ騎士団が進出し城として建設されました。
18世紀後半にロシアの女帝、エカテリーナ2世の命令で優雅なバロック様式になり、
現在はエストニア国会議事堂として使用されている現役の建物です。

アレクサンドル・ネフスキー聖堂です。

d0348249_14414785.jpg

1900年に建造されたロシア正教の教会です。
教会の上部は改修工事中でしたが、金ピカで豪華絢爛な教会でした。

聖母マリア大聖堂です

d0348249_1442663.jpg

タリン最古の教会でトーンペアの丘に建つルター派の教会です。
このあたりは高台になっており支配者や貴族が住んでいました。

タリンの展望台です016.gif
旧市街を一望できます。

d0348249_14422597.jpg

見てください!!この素晴らしい景観!!!
016.gifこの地に立ち、実際に自分の目で見られた事が本当に幸せです016.gif
観光客になれた鳥はまったく動じません!!!

d0348249_1448592.jpg

さすが世界遺産!!!
まるでおとぎの国に迷い込んだようです。
この展望台からはバルト海も見えます。
この美しい街を守ってきて下さったエストニアの人達に感謝053.gif感謝053.gifです。

城壁です

d0348249_1443851.jpg

タリン旧市街には、中世の城壁が綺麗に残っています。

リュヒケ・ヤルク通りです

d0348249_14432934.jpg

急な石畳の坂道は情緒たっぷり!!!

d0348249_14435123.jpg

お洒落なカフェやステキな建物の間の坂道を通り抜けていきます。
すごい急勾配でしょ?
でもこれがいいんですよね~053.gif

ここで紹介できるのはタリン歴史地区のほんの少しで、街全体がどこもかしこも素敵でした
先日、メソポタミアの貴重な遺産が破壊されたニュースがありました。
このタリン歴史地区のように中世からの街並みを体験できるなんて
奇跡に近い幸せな事だと思いました。

[PR]
by sho_2015 | 2015-03-22 12:09 | 海外 | Comments(0)

タリン朝食


タリンのホテルには2泊したので、朝食も2回頂きました。

d0348249_15203574.jpg

本当に今回の旅は朝食が充実していて、どこの朝食も
大満足でした

d0348249_15205542.jpg

素材を生かした素朴な郷土料理って感じです
タリンはバルト海に面しているのでお魚もとても美味しかったですよ~053.gif

d0348249_15211590.jpg

あまり飾り立てずに一つの素材を調理するのは東北の家庭料理と似ていると思いました。

d0348249_15213240.jpg

どうですか?素材だけで勝負!!って感じでしょ?
シンプルだけどこれがとても美味しかったのです。

d0348249_15215096.jpg

きのこの御料理がとても美味しかったです。
ホテルのレストランも簡素ですが温かみがあり、北欧の素朴な雰囲気を楽しめました056.gif
麦の穂が渋いイイ味出しています。

d0348249_15221011.jpg

シンプルなのでどのように美味しかったかを伝えるのはとても難しいのですが、
お魚もハムもチーズも飽きないお味とでもいいましょうか
2回食べられてよかった063.gifという感じです。

d0348249_15272632.jpg

左のはヨーグルトだと思ってchoiceしたのですが、
食べたら温かくて、粘り気がありドロドロにとけた御餅のような食感でした。
味はヨーグルトだった(と思います)ので、北国のレシピですかね?
東北でも暖かいヨーグルト料理をどなたか考案してください。
体に良いので食べたいのですが、冬はなかなか手が伸びないので…
お願いします006.gif

[PR]
by sho_2015 | 2015-03-15 12:49 | 海外 | Comments(0)

リガ昼食・タリン夕食


レストランに向かう途中、広場で工事をしていました。

d0348249_10174667.jpg

歴史的な景観を守るため、機械等は使わずコツコツと
人間が作業をしていました。

リガでの昼食は迷子になりそうな歴史地区の中のステキなレストランで頂きました016.gif
Chicken ham in orange sauce with vegetable couscous
です053.gif

d0348249_1018659.jpg

チキンとクスクスをレモンソースで頂きました。
甘酸っぱいレモンソースがチキンやクスクスと絡んで
とても美味しかったです
私にはとっても美味しかったのですが、
酢豚にパイナップルはダメという人は苦手かも…

デザートのアップルパイです

d0348249_10182534.jpg

日本のアップルパイではありませんでしたが、
メニューには Apple pie と書いてありました。
パイというより日本で言うタルトに近く、甘さもこの旅行中一番の甘さでした。
ボリュームもあり、この甘さだったらもう少し小さくてもいいかな?
という感じでした。

d0348249_10184963.jpg

レストランの帰りにこのオブジェがあり旅行者らしき人達が
撫でていたので、由来や効能はわかりませんが、私も撫でてきました。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

夕食はバルト三国最後の訪問国、エストニアのタリンで頂きました。

d0348249_1019993.jpg

エストニア名物のコケモモのジュースです。
すっきりとした甘さでいくらでも頂けそうでした。

d0348249_1020225.jpg

スープは私の大好きな「カボチャのスープ」
日本と同じお味でとても美味しかったです

本日のメイン「テラピアのリゾット」です。

d0348249_10202485.jpg

リゾットの上にのっているのはテラピアという魚です。
サッパリとしたお魚とクリーミーなソースがリゾットとマッチして
とても美味しかったです。

デザートのアイスクリームです。

d0348249_10204440.jpg

ポーランド・バルト三国、どの国でもアイスは2個で出てきました。
偶然かそれとも2個で食べる人がほとんどなのか?
私は2個でもOKでしたけど…

[PR]
by sho_2015 | 2015-03-08 12:44 | 海外 | Comments(0)

トゥライダ城_ラトビア


トゥライダ城はラトビアの中部の町スィグルダにある城です。
現在は歴史博物館になっています。
博物館は1996年ヨーロッパ・ミュージアム・オブ・ザ・イヤーの一つに選ばれました。
トゥライダ博物館保護区は敷地42ヘクタールで色々な年代の建物があり
資料等が展示されています。

d0348249_10514414.jpg

素晴らしい自然の中の博物館でした
ステキでしょ?

トゥライダ教会はラトビアで最も古い木造建築の教会のひとつで、1750年に建てられました。
これは教会の内部です。

d0348249_1052361.jpg

簡素ですが温かみがあり、とてもステキでした

ラトビアも何度も他国に侵略されました。
そのため自分たちのルーツに関するこだわりが強く
伝統や文化を大切にしています。
昔の生活の様子を伺わせる道具の展示もありました。

d0348249_10522272.jpg

日本と似ていますね005.gif

13世紀初めにリボニア帯剣騎士団が先住民リーブ人の城を破壊し、
その場所に1214年アルベルト司教が築いたのが、
「神の庭」という意味の、このトゥライダ城です。

d0348249_1052405.jpg

赤煉瓦造りのゴシック様式で建造されました。

民族衣装の女性が所々にいて当時の雰囲気を醸し出していました。

d0348249_1053278.jpg

016.gif こういった演出は旅行者にとってはとてもうれしいです 016.gif

トゥライダ城の本丸です。

d0348249_10532582.jpg

20世紀初頭までは荒廃していたのを、修復したものです。

トゥライダ城の塔です。

d0348249_10534574.jpg

民族のアイデンティティとは言語と祭事だそうです。
自分たちのルーツを守るため、「ダイナスの丘(彫刻の庭)」では
9世紀からの様々なイベントが開催されているそうです。

[PR]
by sho_2015 | 2015-03-01 12:38 | 海外 | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015