Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

増田町_蔵


皆様は秋田県横手市増田町の蔵を御存知でしょうか?
私は同じ東北に住みながら、まったく知りませんでした。
横手市といえばかまくらで有名な豪雪地帯です。
そんな所に豪商達が栄華を極めた町があるなんて…
と半信半疑で出かけました。

d0348249_149129.jpg

到着してまずは増田観光物産センター「蔵の駅」に入りました。
ここは金物の小売業を営んでいた石田家より横手市へ寄贈された建物で
観光案内所兼物産販売所になっています。

d0348249_1491952.jpg

写真のふすまはモダンですっごくステキ016.gif
蔵のイメージに合わせて作った現代の物かと思ったら
光を取り入れるために二重になっていて、ずらすとしまる昔の障子
(説明が下手ですみません)を
格子柄になるようにカットしたものだそうです。
昔の良い物はアイディアしだいで現代でも通用する
お洒落なインテリアになります

d0348249_1494156.jpg

これが「蔵の駅」の蔵です。
すっごく立派で綺麗ですね

増田の蔵や家は冬の豪雪から守るため鞘(さや)という建物の
内側に建てられました。
だからこんなに綺麗に残っているのです。

蔵についての詳しい説明はこちらのPageで御覧下さい。
http://www.geocities.jp/ishishin10/kankou/masuda/kura1.html

次は、国登録有形文化財の佐藤又六家の蔵です。

d0348249_1410230.jpg

見るからに超お金持ちの蔵という感じでした。
佐藤又六家では道に面した店(見世)蔵(住居と店舗を兼ねた蔵)と
奥に江戸時代に建てられた蔵がありました。

d0348249_14102267.jpg

大河ドラマ「花燃ゆ」と同じ時代、明治初めに佐藤家では子供に三輪車を
買い与えているほどでした。
北都銀行もこの佐藤家含めた増田の豪商たちが出資して出来た銀行で
創設時にはここ増田町に本店がありました。

d0348249_14104380.jpg

秋田の豪雪地帯にこんなお金持ちの町があったなんて、
そして今はその事実を多くの人が知らないなんて、
東北は奥が深い!!!と思いました。

国登録有形文化財の日の丸醸造です。

d0348249_1411837.jpg

私はお酒を嗜まないのでよくわかりませんが、
有名なお酒の醸造元だそうです。
同行者が「ここで造られていたのね~」と感慨深げでした。

山吉肥料店です。

d0348249_14112856.jpg

今も商売を続けられているそうです。
蔵も素敵ですが、こういった木の看板も大変貴重なものだと思います。

d0348249_14114745.jpg

こちらの蔵は増田で一番最後(昭和初期)に建てられました。
モダンで意匠を凝らした贅沢な造りです。
ポスターに使われているのはこの蔵だそうです。

d0348249_1412591.jpg

裏通りです。
黒塀が続き当時の面影が残ります。

d0348249_1412259.jpg

蔵と蔵が密集しているので、雪はどうしているのか不思議でした。
この堰に雪を流しているそうです。

漆蔵資料館です。

d0348249_14124798.jpg

元々は増田の大地主の旧宅でした。
056.gif庭もインテリアもお風呂も全部超素敵でした056.gif

d0348249_1413651.jpg

ここでは、食事をすることが出来ます。
食事をしなくても無料で見学することができます。
次に来るときはここで食事をしたいと思いました。

d0348249_14133460.jpg

072.gif 見て下さい 072.gif 漆でピカピカです 072.gif

もっと詳しく知りたい方はこちらのPageからどうぞ↓
「増田の内蔵群」
http://www.geocities.jp/ishishin10/kankou/masuda/kura2.html


どこもかしこも物凄く素敵で写真も沢山撮りましたが、紹介し切れません。
各蔵にはそれぞれ違った歴史があり、どれも興味深くドラマにでも
なるんじゃないか(いや、して欲しい)と思うほどでした。

私の家の蔵はボロボロで、維持するのも大変なので潰す積もりでいます。
全国の蔵を持っている家でも同じように考えている方は
少なくないと思います。

増田の蔵では今でもその家の人が生活をしていて、
説明も家の人がしてくれます。
歴史的建造物で、昔の姿を維持しながら現在も生活を続けていくのは
とても大変な事です。
(増田は豪雪地帯なので冬は特に大変でしょう)
それが、こんなに綺麗に町ぐるみで維持されているのは
奇跡に近い事だと思います。

もっと多くの人に増田の蔵の事を知ってほしい
と強く思いました。

増田の蔵は平成25年12月27日に文化的な価値も非常に高いとの
評価を受け、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

[PR]
by sho_2015 | 2015-09-27 12:07 | 行ってきました♪ | Comments(0)

9月19日に浅舞八幡神社祭典(あさまいはちまんじんじゃさいてん)の
宵祭りに行ってきました。

浅舞八幡神社祭典が行われる秋田県横手市平鹿町浅舞地区は
JR横手駅からは少し離れています。
行きはバスがありましたが、帰りはバスもなくお祭りなのでタクシーも
つかまらないと思い事務局に問い合わせしました。
「そんなに大規模なお祭りじゃないので、
タクシーは普通につかまると思いますよ~」
との答えに、世界中・日本中を観光しまくっている同行者は
「タクシー代(横手駅から約)3,500円も掛けて
行く価値のあるお祭りなの~?」と
そんなに乗り気ではありませんでした。

到着すると各家々の玄関前に大きな提灯が付けられていて
薄暗い中、とても風情がありました。
飾り山車を「小さくて可愛いわね」と言っていた友人も私も
この提灯にやられてしまいました016.gif

d0348249_14314550.jpg

次に驚いたのは子供の数が多いこと。
秋田は少子化に頭を悩ませているはずなのに赤ちゃんから高校生位まで
子供がうじゃうじゃ(浴衣を着ている子も多かった)祭りを楽しんでいました。

d0348249_14321552.jpg

宵祭りは各町内の11台の山車がライトアップされ一堂に勢ぞろいします。

d0348249_1433508.jpg

山車も豪華絢爛で見ごたえがありますが、
ここでも子供や若い人達が大活躍しているのに驚かされました。

d0348249_14414961.jpg

ダンスやストリートパフォーマンスを披露するように、
笛や太鼓で祭り囃子を演奏し、他の町と競い合っていました。
よく他の祭りではやる気が無く、
しぶしぶやっているような子供を見かけますが、
ここの子達は目が生き生きしていて、
上手に演奏しているところを見せたいと一生懸命でした。

詳細は私の説明よりもこちらのPageが詳しくて良いと思います。↓
「2015年 浅舞八幡神社祭典」
http://www.geocities.jp/ishishin10/kankou/hiraka15/15hatiman1.html


浅舞八幡神社祭典は規模は大きくなくても、昔ながらの日本のお祭りを続けていると感じました。

d0348249_14421311.jpg

地域の人達による地域の人達のためのお祭りです。
他に娯楽が無く、テレビもパソコンもゲームも無かった時代は
お祭りが何よりも楽しみだったはずです。
その頃のようにお祭りを思いっきり盛上げて、思いっきり楽しもうという雰囲気に溢れていました。
若い人が沢山いるのは、この祭りのために帰って来たのだそうです。
(今年はシルバーウィークで連休が続きましたからね

伝統のお祭りを継承しようと頑張っている所は沢山ありますが、
都市部では明るすぎて、この風情は絶対に出せません。

d0348249_14423774.jpg

地元の人には「何も無い所を何を撮っているの?」と言われましたが、
053.gif これがいいんですよ~ 053.gif
夜景モードで頑張って撮りましたが、実際の方がもっとず~っとステキで
伝えられないのがもどかしいです。

他にも民謡や、津軽三味線、踊り等盛り沢山でした。

d0348249_1443888.jpg

秋田には写真のような衣装の踊りがあるのをまったく知りませんでした。
写真は山形の花笠祭りをアレンジして踊って下さったので、
つい撮ってしまいましたが本来は「秋田おばこ」等、
秋田の歌に合わせて踊るようで興味津々です。

花火は8時45分からです。
遅い時間ですし、きっと3~10発位ですぐに終わるんだろうと
全然期待していませんでした。

タクシーと花火が良く見える場所を探していた私達は、
小雨が降ってきたので慌てて路地を曲がったら、
そこは花火を見るにはベストな前が一面田んぼの場所でした。
ここがよく見えると知っている地元の方が一人、椅子持参で来て計三人で
花火をパノラマの大迫力で体験できました053.gif
全身に花火の波動を感じるんですよ!!!

d0348249_14553528.jpg

隅田川の花火を見慣れている友人も、
「こんなに近くで見るのは久しぶり!!!」
「真っ暗だからこんなに綺麗なのよ!!!
墨田区の職員に花火の時には10F建以上のビルの電気を消すように
アドバイスしたい!!!」
と大興奮でした。

花火は9時30分頃まで続き、
053.gif「浅舞八幡神社祭典」来てよかった053.gif
と大満足でした。

地元の人は知っているんですね。
帰り道、車のライトがどこまでも一曲線に国道沿いに続いていて
「皆、夕御飯を食べてから見に来るんですよ。」とタクシーの運転手さんが教えてくれました。
だから遅い時間からのスタートなんだ~ と納得したのでした045.gif

[PR]
by sho_2015 | 2015-09-21 12:29 | 行ってきました♪ | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015