Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

会津絵ろうそく」は福島県会津若松市の
伝統的工芸品で、
その美しさと品質の高さで全国的に知られています。

蝋燭(ろうそく)に美しい花の絵が多く描かれるのは
冬に雪で一面真っ白の世界になる会津で
花を見たいと思ったから、または冬に
花をお供えできないのでろうそくに花の絵を描いて
お供えした等といわれています。

和ろうそくは安定しないでゆらゆら揺れています。
炎の「ゆらぎ」は空間のゆらぎとなり幻想的な世界を作り出します。

d0348249_09244944.jpg
画像提供:うつくしま観光フォトライブラリ様

会津絵ろうそくまつり〜ゆきほたる〜」は
1本1本に職人技が感じられる会津絵ろうそく
もっと多くの人に知って頂こうと、開催されています。

会津絵ろうそくまつり
〜ゆきほたる〜


日時
平成29年2月10日(金)〜11日(土)
午後5時30分〜9時
(点灯式午後5時〜)

会場
会津若松市 鶴ヶ城・御薬園

入場料:無料

公式サイト会津絵ろうそくまつり様のHPには
美しい写真が満載です

053.gif本当に綺麗です053.gif

御薬園では、琴と横笛の生演奏による
音色が流れる中、竹筒で心字の池を取り囲み、
幽玄・幻想の世界を現出します。

鶴ヶ城では、会津本郷焼の瓦燈や会津塗り燭台で
会津絵ろうそくを灯します。
鶴ヶ城の天守閣から見る風景は
地上とはまた違う趣があります016.gif
2日間とも夜間登閣(有料)が可能

雪の中、淡くはかない炎が生みだす
「幽玄の世界」を体験しに来ませんか?


参考過去記事
会津鶴ヶ城
鶴ヶ城公園

詳細はこちらからどうぞ↓
公式サイト 会津絵ろうそくまつり
http://www.aizu.com/erousoku/index.html

[PR]
by sho_2015 | 2017-01-27 10:06 | 東北情報 | Comments(0)

二戸市・似鳥のサイトギ


岩手県二戸市(にのへし)の
「似鳥八幡神社(にたどりはちまんじんじゃ)」で、
炎の祭典「サイトギが開催されます。
サイトギは、その年の作柄を占う伝統行事で
国選択無形民俗文化財にも指定されています。

岩手県にはこういった大昔から続いているであろう
日本の伝統行事が数多く残されていますよね〜016.gif
(感謝053.gif、感謝053.gif

そうはいっても多くの日本人が「サイトギって?」と
まったく知らないと思います。

サイトギ」とは、「歳戸木、歳燈木」と呼ばれる
井桁に組んだ木の櫓のことを言い、
燃え盛る井桁を男衆が約3mの木の棒で揺さぶり、
舞い上がらせた火の粉の方向と、
五穀入りのご飯を柱状に凍らせた
「おこもり」の欠け具合で
その年の作柄と五穀豊穣を占う伝統行事です。


d0348249_17374015.jpg
画像提供:ウチノメ屋敷 レンズの眼様

どうですか?
すっごい迫力でしょ?
これを知らないなんて本当に残念です!!!

ウチノメ屋敷 レンズの目」様の
二戸市・似鳥のサイトギ」では
4Pageにわたり詳しく「サイトギ」を紹介しています。

サイト管理者様が神社の代表とお知り合いだったので
通常では有り得ない詳細な内容となっています。
上記サイトは、日本の伝統を後世に伝える
貴重で素晴らしい資料
であると思います。
是非見て下さい。016.gif

迫力のある綺麗な写真も満載です。

日本のルーツを確かめに二戸市・似鳥のサイトギ
見に行きませんか?

二戸市・似鳥のサイトギ

【日時】
平成29年2月2日(木)

【場所】
似鳥八幡神社
(二戸市似鳥字浅石 赤い大鳥居が目印です)

今年の「サイトギ」情報です。
厳冬の二戸市の伝統行事『サイトギ』が2月2日(木)に似鳥八幡神社にて行われます。
サイトギは火の粉の舞う方向と雑穀で作ったオコモリの崩れ具合でその年の作柄を占う伝統行事で国選択無形民俗文化財にも指定されています。
燃え盛る炎が高く舞い上がるさまは圧巻の一言です。
今年の二戸を占う神事をどうぞご覧下さいませ。
寒いことが予想されますので防寒対策をお忘れなく。


尚、サイトギでは参加者を募集しております。歴史の立会人として参加してみませんか?参加のお申し込み・お問い合わせは二戸市観光協会(担当:堀内)0195-23-3641、または金田一コミュニティセンター(担当:大向)0195-27-2114までお願い致します。


【日時】
平成29年2月2日(木)
【場所】
似鳥八幡神社(二戸市似鳥字浅石 赤い大鳥居が目印です)
【時間(目安)】
17:30〜 サイトギご祈祷の儀
18:00〜 ナオライ
18:30〜 神楽奉納
19:00〜 裸参り若衆のご祈祷
19:30〜 豆まき、水垢離
20:00〜 裸参りサイトギ
21:00〜 今年の作柄豊凶作託宣

二戸市観光協会様Facebookより引用

参加者を募集しているようです。
我こそはという方、上記 二戸市観光協会様に
お問い合わせ下さい。

日本人の魂を後世に伝えるため
サイトギを継承していって下さい。


お願いします。

詳細はこちらからどうぞ↓
二戸市・似鳥のサイトギ
http://www.uchinome.jp/event/maturi/2010/maturi20_1.html




[PR]
by sho_2015 | 2017-01-22 10:15 | 東北情報 | Comments(0)
信夫三山暁まいり(しのぶさんざんあかつきまいり)は
福島市市街地に隣接する信夫山で
行われる祭事です。

市内御山地区で作製された大わらじを
白装束の若衆担ぎ手によって
威勢の良い掛け声と共に
福島駅前など市内を練り歩いた後に、
羽黒神社に奉納されます。
日本一の大わらじを奉納する独自性から
福島県を代表する祭事のひとつとして知られています。

d0348249_9212258.jpg
画像提供:(一社)福島市観光コンベンション協会様

今年は雪も降りましたので、担ぎ手の方は
大変だと思いますが厳寒の中、行われる祭事は
すっごい迫力ですよ!
016.gifぜひ実際に見て下さい016.gif

信夫三山暁まいり

日時:
2017年2月10日(金)、11日(土・祝)
午前9時 御山地区出発
午後3時 信夫山羽黒神社奉納
※大わらじの奉納は2月10日のみです。

場所:
福島県福島市御山地内 信夫山羽黒神社

下記は昨年の福島市観光コンベンション協会様のFacebookです

~信夫三山暁まいり~

信夫山に鎮座する羽黒神社の祭礼で、毎年2月10日、11日に行われ、江戸時代から三百有余年にわたり受け継がれてきた伝統ある祭りで、大わらじの奉納で知られています。この大わらじ、なんと長さ約12m、幅約1.4m、重さ約2tもあるんです!
現在では五穀豊穣、家内安全、身体強健などを願って大わらじを作成・奉納しています。
縁結びの神ともいわれ、3年続けてお参りすると恋が結ばれるといわれています♡ 交通安全や合格祈願にも霊験あらたかです!
たくさんのご利益がある「信夫三山暁まいり」に出かけてみませんか(^o^)

◎日にち:2016年2月10日(水)、11日(木)
◎スケジュール:
●10日(水)
9:00 大わらじ奉納出発
15:00 大わらじ奉納(羽黒神社)
※大わらじ奉納予定順路および周辺交通規制はチラシをご覧ください。
◆第4回暁まいり福男・福女競走
19:30 開会式(信夫山山麗噴水公園)
20:00 スタート
※申込みに関しては下記URLへ(福島青年会議所HP)
http://f-247jc.jp/

●11日(木)
11:00 紅白餅進呈(護国神社)
※先着100名様

2016年1月14日(社)福島市観光コンベンション協会様Facebookより引用

※上記は昨年のFacebookの情報ですので、
あくまでも参考情報です。
お出かけになる際は、事前に確認して下さい。

今年の情報も掲載されていました(1/26)

~「信夫三山暁まいり」2/10、11開催~

2/10(金)、11(土)開催の「暁まいり」は、福島市の信夫山にある羽黒神社の例祭で、昔、羽黒神社に安置されていた仁王様の足の大きさにあった大わらじを作って奉納したことが由来とされ、江戸時代から受け継がれている伝統の祭りです。長さ12m、幅1.4m、重さ2tの「日本一の大わらじ」を約100人で担ぎ上げ、福島市内を練り歩いた後、羽黒神社へ奉納。五穀豊穣、家内安全、身体強健などを祈願します。
2/10(金)午後8時からは、信夫山の麓から羽黒神社まで、約1.3kmの登り坂を駆け上がる「福男福女競争」も行われます。

【 開催日 】2017年2月10日(金)、11日(土・祝)
     ※大わらじの奉納は10日のみ
【開催場所】信夫山羽黒神社など
【お問合せ】信夫三山奉賛会(福島市商業労政課内)
      TEL024-525-3720
【開催内容】≪大わらじ奉納・子供わらじパレード≫
 ◎2017年2月10日(金)
 午前9時 大わらじ奉納・子供わらじパレード出発      
 午後3時 大わらじ奉納(羽黒神社)
 ※予定順路、周辺交通規制はチラシをご覧ください。
【関連イベント】
 ≪第4回暁まいり福男・福女競走≫
 ◎2017年2月10日(金)
 午後7時30分 開会式
 午後8時   スタート
 ※お問合せ・申込みは(福島青年会議所)http://f-247jc.jp/
 ≪護国神社≫
 ◎2017年2月11日(土・祝)
 午前11時~ 紅白餅進呈(先着100名様)

※「福島市の冬イベント情報」はこちら↓
http://www.f-kankou.jp/illumination.htm
※「福島市の祭り」の情報はこちら↓
http://www.f-kankou.jp/cgi-bin/f-kankou/asobu/page.cgi…


2017年1月18日(社)福島市観光コンベンション協会様Facebookより引用

せっかくですから福島市で
美味しいスイーツも頂きましょう016.gif(1/26)

~「ふくしまリンゴスイーツフェア」1/28から開催~

福島市では来週1/28(土)から「ふくしまリンゴスイーツフェア」を開催します。
四季折々のおいしい果物が楽しめる福島市では、全国にふくしまの果物をPRするため「スイーツコンテスト」を開催しています。
今回は「ふくしまスイーツコンテスト2014」入賞作品の“リンゴスイーツ”を、期間限定で市内外の「ももりんカフェ」で食べられます。
また、期間中「ももりんカフェ」で“リンゴスイーツ”購入の際に特典が受けられる『お得なクーポン』や 抽選で豪華商品が当たる『スタンプラリー』もあります!
是非、ふくしまの美味しいリンゴを使ったスイーツを召しあがってみてはいかがですか♪

【開催期間】平成29年1月28日(土)~2月19日(日)
【開催内容】リンゴをテーマに開催した「ふくしまスイーツコンテスト2014」の入賞作品を「ももりんカフェ」(チラシ一覧の参加店)で、期間中限定で販売・提供します。
※お得なクーポン券、スタンプラリーあり。
【お問合せ】事務局:福島市農業振興室「ももりんカフェ」係
 TEL024-529-7663
※詳細・ホームページはこちら↓
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/…/22/ringo-fea2017.h…

2016年1月20日(社)福島市観光コンベンション協会様Facebookより引用


他では見られない016.gifお祭りですので
是非福島市まで見に来て下さい。

053.gif縁結び効果もあるかも053.gif



[PR]
by sho_2015 | 2017-01-17 09:44 | 東北情報 | Comments(0)

阿武隈川(あぶくまがわ)は東北第二の長さの
一級河川です。
福島県・宮城県を通り、宮城県伊具郡丸森町で
角田盆地を通過し、仙台平野に出て
太平洋に流込みます。

丸森町の一帯は県立自然公園となっています。
阿武隈ライン舟下り」では峡谷に名勝・奇岩等、
053.gif季節ごとの景色を堪能することができます053.gif

そしてこの季節は「こたつ舟」です016.gif

d0348249_11435826.jpg
画像提供:丸森町観光案内所様


ぬくぬくのこたつに入って
ピンと張り詰めた冬の自然
を楽しむ

素晴らしいですよね♪

往復約8kmの周遊コースで
予約をすればお鍋まで楽しめちゃうのです024.gif

阿武隈ライン舟下り
〜こたつ舟〜


開催期間
平成28年12月1日(木)~平成29年3月26日(日)

所要時間:約60分

住所:丸森町字下滝12

下記、「阿武隈ライン舟下り」には
阿武隈ライン舟下りの歴史や舟下りコース、
乗合船運航時刻等の情報が満載です024.gif

旅行客は運行時間の情報はとてもありがたいです
乗船場が、丸森駅からすぐのところにあるのも
嬉しいです

下記、「こたつ舟の運航が始まります」には
こたつ舟の詳細情報が記載されています。

また、丸森町では1月22日(日)まで「齋理の歳迎え」も開催されていますので
是非足を運んでみて下さいね

詳細はこちらからどうぞ↓
阿武隈ライン舟下り
http://marumori.jp/spot/funakudari/



こたつ舟の運航が始まります
http://marumori.jp/blog/2016111823721/



[PR]
by sho_2015 | 2017-01-14 12:06 | 東北情報 | Comments(0)

十和田湖冬物語2017

一昨日からようやく冬らしい寒さで
雪も降ってきましたが、
東北は例年に比べ雪不足の状態が続いています。

しかし、雪国ならではのイベントを楽しみたい♪
と心待ちにされている方も多いと思います。

「十和田湖冬物語2017」
青森県と秋田県にまたがる
十和田湖の湖畔で開催されるのできっと
雪と氷の世界を満喫できますよ♪

d0348249_10145355.jpg
画像提供:青森県観光情報サイトアプティネット様

日中はバナナボートホーストレッキング
夜は光のゲート&光のトンネル
イルミネーション・ライトアップ等が楽しめます。

今季の【 十和田湖冬物語2017 】は2月3日(金)~2月26日(日)の24日間で開催されます。
 
期間中は毎日【冬花火】の打ち上げや、会場を華やかに彩る
【LEDイルミネーション】、青森・秋田の郷土料理などが味わえる【ゆきあかり横丁】、500円で飲み放題の【グリューワイン】、お子様から大人まで大人気の【雪の大型すべり台】、【かまくらBar】。
 
また、週末には凛とした音色が素晴らしい【津軽三味線のステージイベント】などなど!
今季も内容盛りだくさんで企画しております。
 
お客様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております!
\(^▽^)/
 
※ お問い合わせ
十和田湖総合案内所内 十和田湖冬物語実行委員会
TEL 0176-75-2425  FAX 0176-70-6002

十和田湖冬物語様Facebookより引用


上記十和田湖冬物語様Facebookには
十和田湖冬物語の情報が満載です。
コメントすれば丁寧に返信して下さるので、
お天気や積雪情報を確認できますよ006.gif

十和田湖冬物語 2017


期間
2017/02/03~2017/02/26

開催時間
土・日・祝 午前11時から午後9時まで
平日   午後 3時から午後9時まで

開催場所
十和田湖畔休屋 冬物語特設会場

2017/01/28 追加
この記事を書いた時(1/6)はこんな寒波が来るとは思っていませんでしたが
これで東北の冬のおまつりの準備は万端整いました024.gif

十和田湖冬物語様Facebookには
アクセスについての情報がありました024.gif
他にも八戸・十和田方面、弘前方面からの
アクセス方法、体験情報等
観光客には嬉しい情報が沢山掲載されています。

前回に引き続き、アクセスのご案内ですζ*'ヮ')ζ
 
東北新幹線を利用し、七戸十和田駅方面からお越しのお客様は、冬季シャトルバス【 スノーライナー 】をご利用ください。
運賃は片道1,000円という格安料金!
イベント期間中は毎日運行を予定しております☆
(なお、2月3日は往路のみ、2月26日は復路のみの運行)
 
このシャトルバスは十和田市現代美術館、焼山地区を経由しますので、十和田市内近郊にお住まいのお客様や、焼山スキー場をご利用になる皆さまにも大変便利です。
お客様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております(^^)
 
○ シャトルバスについてのお問い合わせ ○
十和田市役所 観光推進課様
TEL 0176-51-6772
http://www.city.towada.lg.jp/docs/2016090500014/
(観光推進課様のホームページは英語対応になっております)

1月21日 十和田湖冬物語様Facebookより引用

青森県・秋田県両方の美味しいものや
イベントを楽しめるのも
016.gifチョーお得です016.gif

雪の美しさ・楽しさを
体験しに来て下さい053.gif


最新情報はこちらからどうぞ↓
十和田湖冬物語公式Facebook
https://www.facebook.com/towadakofuyumonogatari/




[PR]
by sho_2015 | 2017-01-06 10:31 | 東北情報 | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015