Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬の東北の山々は雪化粧をして072.gif神々しい072.gifまでに美しいです。
大昔に登山が趣味の方に雪山の写真を
見せて頂いたことがありましたが
本当に綺麗でした016.gif
あの美しさを自分の目で見ることができたなら…

d0348249_09323772.jpg
画像提供:網張ビジターセンター様

冬の鎌倉森をめざす(雪山登山体験)

岩手県自然公園保護管理員である
日本山岳ガイド協会所属の米澤邦彦氏を講師に招き、
冬にしかのぼれない鎌倉森を目指します。

開催日:平成29年 3月5日(日曜日)
開催時間:9:00~14:30
場所:網張ビジターセンター(雫石町)
定員:20名
費用:大人500円、小学生300円
お問い合せ・申し込み:
網張ビジターセンター 019-693-3777

※今年は既に定員に達したので申込み締切済でした。
本当に残念007.gif
早く御紹介できなくて申し訳ございません

来年のために紹介しますね

冬の鎌倉森をめざす(雪山登山体験)
スタッフの方が付いて下さるので
迷子になる心配もありません。

鎌倉森(かまくらもり)は奥羽山脈の岩手県にある山で
標高1317メートルです。

『冬の鎌倉森をめざす(雪山登山体験)』は
冬山入門者向きです。
スノーシュー装着して登り3時間、
下り2時間を歩く体力が必要。
冬は強風、気温はマイナス10度以下なので
完全な冬山装備が必要です。
ルートの見極めが必要なので
初心者のみでの入山は避ける!
体力、技術的には残念ながら子どもは無理です。

集合場所・解散場所は網張ビジターセンターです。

http://amihari17.ec-net.jp/sangaku-iwatesan2013.html
「雪の鎌倉森をめざす」(平成28年3月12日(土)実施)


昨年の様子が上記Pageに掲載されています。
参考になさって下さい。

d0348249_09330025.jpg
画像提供:網張ビジターセンター様

本当に美しい〜053.gif 行ける人がうらやまし〜007.gif

網張ビジターセンターの隣が
網張温泉(日帰り専用温泉施設)
入浴料は大人600円。子供300円。
行事終了後入浴する参加者が多いようです。

帰った後は温泉で温まる
053.gif最高〜053.gif

他にも網張ビジターセンター様では
雪上ハイキング等楽しいイベントが盛り沢山です
HPには周辺散策マップもありましたよ024.gif

一年を通して大自然にふれてみたい

詳細はこちらからどうぞ↓
網張ビジターセンター
http://amihari17.ec-net.jp/index.html


[PR]
by sho_2015 | 2017-02-27 10:05 | 東北情報 | Comments(0)

くりこま商家のひな祭り

こんなに長い間ブログを書いていても不思議なことに
「ひな祭り」を題材にしたことはありませんでした。
「ひな祭り」は国民的行事で全国各地で行われます。
多くのひな祭りは際立った特色があるという訳では
ないので、わざわざ足を運んでもらえないかもしれない
と思ったのかもしれません。
また書きたいと思ったひな祭りも主催団体と連絡が
取れなかったり、画像転用禁止だったりしました。

ウチノメ屋敷 レンズの目」様の
2016くりこま・商家のひな祭り」を見て
血沸き肉踊ると申しましょうか、
くりこま・商家のひな祭り
どうしても紹介したい!!!と思いました。

d0348249_10243450.jpg
画像提供:ウチノメ屋敷 レンズの目

2016くりこま・商家のひな祭り」には
素敵な写真が沢山掲載されています。
昔の生活を思い出すような懐かしい物や、
素朴な中にも気品のある美しい作品等
是非まずリンク先を見て下さい。

全国に吊るし飾りは沢山ありますが、
私のような普通の人には確かに綺麗ですが
どれも同じように見えてしまいます。
「くりこま・商家のひな祭り」の吊るし飾りは
くりこまの草木染めの柔らかな色で統一されていて
素朴で大変美しいです053.gif

干しだいこんやイワナ等オリジナリティ溢れる作品が
センス良くディスプレイされていて
他のひな祭りとは全く違います!

制作者の技術の高さ、作品の見せ方、
本当に素晴らしいです016.gif
手芸品に興味のある方は現地に足を運んで
製作者に話を聞きたいと思う人も多いと思います。

これでまちおこしが出来るんじゃない?
と思うほどクオリティが高いです!

2016くりこま・商家のひな祭り」を読んで
ひな祭りブログが書けなかった理由が
スッキリしました。

確かに写真が大きく沢山掲載されると全国に
真似する人が増えて色々な権利が
侵害されるかもしれません。
(それであえてこのブログでは写真は一枚にしました)

しかし、この素晴らしさを伝えないと
見に来る人は増えないし…
堂々巡りの難しい問題ですね008.gif

くりこま・商家のひな祭り
2月19日(日)〜3月3日(金)
午前10:00〜午後4:00
展示場所:栗駒岩ヶ崎六日町
宮城県栗原市岩ヶ崎地区

d0348249_15503401.jpg
画像提供:栗駒鶯沢商工会fb様Facebook

栗駒鶯沢商工会fb様Facebookでは
くりこま・商家のひな祭り動画も掲載されています。
他にも『つるし飾り制作講習会開催のご案内』情報や
『和紙でつくる”短冊人形”制作講習会開催のご案内』情報が掲載されています。
※2月8日で申し込みは終了していました。(残念002.gif)
でも、来年受講したいですね053.gif

この素晴らしい作品には
現地に行かないと出会えませんよ016.gif




[PR]
by sho_2015 | 2017-02-23 11:03 | 東北情報 | Comments(0)
何年か前に若い人と
「昔の北国の冬の大きい荷物の移動方法」
について話をしました。
若い人は雪かきをしながら荷車で運んだと
想像していました。
(だってそれ以外無いだろ?って感じ)
私は年の功でなんとなく「馬そり」が
頭に浮かびました。
便利な世の中になって、ほんの一昔前の生活が
想像できなくなることには少し危機感を懐きます。

青森県十和田市の
「十和田市馬事公苑 駒っこランド」では
馬そりに乗る事が出来ます024.gif

馬そり通常コース
【こども400円・おとな600円・ふぁみりー1,200円】

2月の土日限定馬そりロングコース
【こども600円・おとな800円・ふぁみりー2,000円】
の2つのコースあります053.gif

ロングコースは2月土日限定ですが、通常コースは
開苑日の10時〜15時であれば
いつでもお楽しみいただけます。
(積雪の状況により運行を中止する場合もあります)
詳しくは駒っこランドのブログでも紹介していますので、そちらをご覧ください。
➡(http://ameblo.jp/komakkoland/entry-12244577151.html

053.gif楽しいですよ〜053.gif

d0348249_09060677.jpg
画像提供:十和田市馬事公苑 駒っこランド様

【観光施設情報-十和田市馬事公苑 駒っこランド】
南部地方は、名馬の産地として昔から知られています。十和田市の駒っこランドでは、馬文化資料館があり、乗馬体験や馬車等、馬と触れ合うことができます。駒っこ牧場では今年、2月の土日限定で、雪の季節に馬そりに乗車いただけるコースを実施しています!馬そりは有料となっております。貴重な体験ができますので、是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?^^

営業時間:・称徳館 9:00~16:30(最終入館16:00)【通年】
     ・駒っこ牧場  体験時間 10:00~15:00【通年】
     ・交流館  9:00~17:30(4/1~10/31)
           9:00~16:30(11/1~3/31)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日休館)年末年始(12/29~1/3)
馬そり料金:子ども 3才以上~小学生 400円
      大人  600円
      ファミリー(4名様まで)1200円
問い合せ先:十和田市馬事公苑称徳館
電話:0176-26-2100

青森県観光情報サイトアプティネット
http://www.aptinet.jp/Detail_display_00001841.html

十和田市馬事公苑 駒っこランドHP
http://komakkoland.jp/


青森県観光情報様Facebookから引用

d0348249_09135123.jpg
画像提供:青森県観光情報サイトアプティネット様

十和田市馬事公苑 駒っこランド様Facebookでは
楽しそうな駒っこランドの様子を見ることがでしきます016.gif

馬と触れ合って自然を満喫できますよ♪

十和田市では今『十和田湖冬物語2017』が
開催されています。
「十和田市馬事公苑 駒っこランド」は
国道102号線経由で、約1時間ほどです。
少し足を伸ばして「馬そり」体験してみるのは
いかがでしょうか?

詳細はこちらからどうぞ↓
十和田市馬事公苑 駒っこランドHP
http://komakkoland.jp/



[PR]
by sho_2015 | 2017-02-13 09:36 | 東北情報 | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015