人気ブログランキング |

Persimmon☆パーシモン

infservnpo.exblog.jp
ブログトップ

リガ歴史地区_2


リガはバルト3国最大の都市です。
13世紀初めにドイツ騎士団が領有し、17世紀には都市として確立。
そして、18世紀後半に大規模な港湾都市として発展を遂げました。

世界遺産、リガ歴史地区の聖ペテロ教会です
1209年には既に記録がある古い教会です。
高さ123mの尖塔はリガのランドマークとなっています。

リガ歴史地区_2_d0348249_10125416.jpg

聖ペテロ教会はルーテル教会(プロテスタントの一つ)です。
(私は「ルター派の教会」の方が分かり易いです。)

リガ歴史地区_2_d0348249_10131243.jpg

レンガ造りで、装飾のあまりない内装は
カトリックの教会に比べ、シンプルで素朴な感じがしました。

リガ歴史地区_2_d0348249_10133210.jpg

1721年に落雷により消失し1764年に再建されたものの、1941年に第二次世界大戦の
爆撃を受けて再び破壊されてしまいました。

リガ歴史地区_2_d0348249_10135176.jpg

何度も何度も他国の支配を受け続けたリガの歴史を象徴するような教会だと思いました。

市庁舎広場です。

リガ歴史地区_2_d0348249_1014958.jpg

中央の背の高い建物は聖ペテロ教会です。
(やはり目立ちますね~)

ヨーロッパでは広場は街の中心で、一番重要な場所です。

市庁舎です。

リガ歴史地区_2_d0348249_10142996.jpg

市庁舎広場をはさんで前がブラックヘッド会館です。

リガ歴史地区_2_d0348249_1014506.jpg

ブラックヘッドとは、中世のバルト海沿岸諸都市にあった独身男性の集まりです。
14世紀に建設されましたが第二次世界大戦で破壊されました。
現在の建物は1999年に再建されたものです。

リガ歴史地区_2_d0348249_1015715.jpg

貿易商人の友愛会だったブラックヘッドのメンバーによりコンサートやダンスパーティーが
盛大に行われていました。
ブラックヘッドの会館は、ハンザ同盟の四大都市のひとつとして発展してきた
リガを物語る上で重要な建築物なのです。

タグ:
# by sho_2015 | 2015-02-15 12:46 | 海外 | Comments(0)

リガ歴史地区_1


「バルトの貴婦人」と称えられてきたリガ
ラトビア共和国の首都で、
同国最大の人口約75万人を擁する都市です。
リガ歴史地区は世界遺産に登録されています。

リガ歴史地区_1_d0348249_10192547.jpg

火薬塔(今はラトビア軍事博物館)です。
かつて街を守っていた塔のなかで唯一現存する塔です。

城壁です。

リガ歴史地区_1_d0348249_10194712.jpg

中世には高さ10m長さ2kmに渡る城壁に
市街は囲まれていました。

スウェーデン門です。

リガ歴史地区_1_d0348249_1020685.jpg

城壁から街に通じる門の一つで、スウェーデン人の兵士と
恋に落ちた女性の伝説があります。

猫の家です。

リガ歴史地区_1_d0348249_10202677.jpg

大ギルドへの入会がドイツ人しか認められていなかったので
ラトビア人は抗議の意味でギルドに尻を向けた猫を
住宅の屋根の上に置きました。
(入会が認められた後、方向転換したようです。)

リガ歴史地区_1_d0348249_10204453.jpg

猫の家はアールヌーボー建築としても評価が高いです。
リガは歴史ある都市なので石造住宅、マリエリスム様式の住宅、
バロック様式の住宅等色々な建築様式の建物がありました。

小ギルドの会館です。

リガ歴史地区_1_d0348249_1021762.jpg

ギルドなんて単語は日本に居るとまったく使いませんし、
全然馴染みがないようですが、ようするに大商人組合と
親方徒弟制度の事で、
市政運営をこの大親方達が独占していたのです。
閉鎖的・特権的なギルドへの批判が強まり
市民革命の中でギルドは消滅していきました。
封建制度の影響が強く残っている地域では
その行動様式が残っています。
すぐ身近にそっくりな状況があると思いませんか?

この家は少し斜めになっているのが分かりますか?

リガ歴史地区_1_d0348249_10212697.jpg

その理由は荷物を窓から中に取り込むためです。

リガ歴史地区_1_d0348249_10214353.jpg

上階にはハッチがあり、滑車を使って荷物を揚げ下ろししました。

タグ:
# by sho_2015 | 2015-02-08 12:44 | 海外 | Comments(0)

リガの朝


ラトビアの首都リガの朝の風景です。

リガの朝_d0348249_10275988.jpg

歴史的な街並みと高層ビルが混在しています。

リガでのホテルの朝食です

リガの朝_d0348249_10282314.jpg

ケーキまであります!!

リガでも朝食は種類が豊富でとても美味しかったです。

リガの朝_d0348249_10284070.jpg

しばらくヨーロッパに行っていなかったので風潮が変わった?
と思うくらいどこのホテルも朝食が充実していました

リガの朝_d0348249_102924.jpg

016.gif 全部試してみた~い 016.gif

リガの朝_d0348249_10292476.jpg

野菜や果物も豊富です

リガの朝_d0348249_1029441.jpg

これは盛り付けの上手な同行者のチョイスです。
この時東京ではトマトが高値だったので「トマトを沢山取っちゃった」
と御満悦でした。

この脈絡の無いチョイスは私です。

リガの朝_d0348249_1030437.jpg

色々味見してみたかったのでこんな感じになってしまいました。

リガの朝_d0348249_10302653.jpg

これはヨーグルトのつもりで持ってきたのに
食べてみたらおかゆのように熱かったので
「食べ方間違ってる?」と聞いてみたくなった乳製品です。
でも美味しかったですよ

美味しい朝食を頂いて、リガの観光にいざ出発です070.gif

リガの朝_d0348249_10305218.jpg

リガの路面電車です。
通勤時間帯だったので車内は満員状態でした。

# by sho_2015 | 2015-02-01 12:03 | 海外 | Comments(0)

リトアニアでの昼食はソ連時代に建てられた建物のレストランで頂きました。

リトアニア昼食・リガ夕食_d0348249_10391456.jpg

機能重視であまり装飾の無い建物でした。

スープです。

リトアニア昼食・リガ夕食_d0348249_10393316.jpg

器もお味もシンプルでした。
でも、外が寒かったので温まりました063.gif

「マッシュルームソースのツェペリナイ」です。

リトアニア昼食・リガ夕食_d0348249_10395142.jpg

ツェペリナイはリトアニアの代表的な伝統料理です。
ジャガイモで作るお餅のようなもので食べごたえがあります。
もちもちしていて秋田のきりたんぽのような食感でした。

リトアニア昼食・リガ夕食_d0348249_10401164.jpg

中にはひき肉が入っています。
マッシュルームソースと合っていてとても美味しかった053.gifです。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

リトアニアから国境を越えラトビアに入ると少しビックリします。
工事中の道路が多く、迂回路では私が子供の頃の日本の田舎の風景に出会いました。
道路はまだ舗装されていないデコボコ道もあり、ラトビアが急速に発展を
遂げようとしているのを感じました。
バスの中で眠っていた私は、リガに入り目を覚ますと高層ビルが立ち並ぶ
都市の風景です。
地域間格差に大変驚きました。

リガに到着して夕食はラトビア料理です016.gif

サラダです

リトアニア昼食・リガ夕食_d0348249_10403212.jpg

新鮮でとても美味しいサラダでした。

夕食のメイン「ロールキャベツ・ヨーグルトソース」です。

リトアニア昼食・リガ夕食_d0348249_10405184.jpg

同行者の中には「今までの料理で一番好きかも」という人もいるくらい
美味しかったです。

クランベリースープです。

リトアニア昼食・リガ夕食_d0348249_10411567.jpg

メインの後に出てきたし、「スープじゃなくてデザート?」とも
思いましたが、暖かくて酸っぱくてとっても美味しかったです。
暖かい果物のスープ私的にはありでした。

リトアニア昼食・リガ夕食_d0348249_10413445.jpg

レストランの入口です。

旅の楽しみの一つにその土地の料理を頂くことがありますが、
今回は何処でも「ちょっと無理」というのがまったく無く
美味しく料理を頂きました053.gif

# by sho_2015 | 2015-01-25 12:31 | 海外 | Comments(0)

ラトビア南部、バウスカの「ルンダーレ宮殿」です
豪華なバロック様式の建築です。

ルンダーレ宮殿_ラトビア_d0348249_10374123.jpg

バルトのベルサイユ」とも言われ、
フランス式庭園の美しさが有名です。

ルンダーレ宮殿_ラトビア_d0348249_10381235.jpg

ロシアの女帝アンナに愛され、貧しい貴族から
クールランド大公にまで昇格した
ビロン公の夏の宮殿として建てられました。
中は豪華絢爛です


ルンダーレ宮殿_ラトビア_d0348249_1039478.jpg

「黄金の広間」です

016.gif 天井画が素晴らしい~ 016.gif

ルンダーレ宮殿_ラトビア_d0348249_10392743.jpg

舞踏会が行われた「白の間」です
女性のドレスを引き立たせるための白だと言われています。
奥に見えるのは「磁器の間」で、楕円形の小さな部屋に
滝が流れるようなイメージで磁器が飾られていました。
当時、磁器は大変貴重で高価なものでした。

寝室です

ルンダーレ宮殿_ラトビア_d0348249_10394977.jpg

両脇の磁器で出来ている四角い物はストーブです。
この部屋の裏にトイレやドレスルームもあります。

「フランスのベルサイユ宮殿のようだ016.gif」と
夢中で写真を撮りました。
他にもピンクを基調にした肖像画の間等沢山部屋があり、
それぞれ異なる装飾が施されていました。

ルンダーレ宮殿_ラトビア_d0348249_10401270.jpg

沢山ありすぎて紹介し切れません。
機会があれば御自身の目であの感動を体験してください。

食事をする部屋です。
思いのほかテーブルが小さいので、
家族水入らずでくつろいだのでしょうね063.gif

ルンダーレ宮殿_ラトビア_d0348249_1040356.jpg

他にも、ビリヤード台が置かれた遊戯の間とか書斎とか、
どの部屋も豪華で素晴らしかったです。

056.gif056.gif そしてこれが有名なフランス式庭園です 056.gif056.gif

ルンダーレ宮殿_ラトビア_d0348249_10405757.jpg

庭園を荒らされたりするという理由で
庭に出ることは出来ませんでした。
ガラス越しに撮ったので美しい庭園の写真は
撮れませんでした(残念007.gif)。
同行者は「バルコニーでも作ってくれたらいいのにね」
と言っていました。
(同感、同感!!!)

日本ではあまり知られていないのでラトビアにこんな
素晴らしい宮殿があることを多くの方に
知って欲しいと思いました。

タグ:
# by sho_2015 | 2015-01-18 12:05 | 海外 | Comments(0)

NPO法人 情報開発研究会のブログです。


by sho_2015